良い質問を考察することで、自問自答の質が高まる。

一般的に、

質問って言うと、

上司や先生に対する質問も、

そうでしょうし、

それ以外にも、

自分自身が、尊敬に値する人に対しての質問ってものも、

存在するでしょうし、

また、

メンターって言えるような人や、

今の自分自身の立ち位置からは、

程遠い人に対しての、

質問ってものも、存在することでしょう・・・・・!!

要するに、

何が言いたいのかと問われると、

ただ単に、

質問って単語で、一括りには、

表現されるものではあるでしょうが、

その質問の、

ってものを、考察してみると、

本当に、あらゆる質や種類ってものにも、

これまた、関連してくるものでしょう・・・・・!!

またまた、

その質問の質や種類ってものは、

自分自身の、普段考えている思考にも、

影響力を、発揮してくるものでもあるのです。

だからこそ、

誰かに対する質問の、

質を高めること自体が、

普段の思考でもあり、自分自身の価値観ともなっている、

自問自答の質を、高めていけるものでもあるのです・・・・・!!

まぁ、

だからと言っても、

地に足がつかないような、質問ってもの自体は、

あまり、良い質問とは、

言えない部類に、当てはまってくるでしょうが、

その、地に足がついていないような質問であったとしても、

そこに、自分軸と言う風な、

自分自身の、興味性が高くて、

好奇心を惹きつけられるような質問であれば、

その、質問をする段階では、

地に足がついていなかったとしても、

結果的には、

自動的な、潜在意識の働きのお陰様で、

地に足がついた上での、

自分自身の答えってものを、

導き出せる性能を持った、脳味噌ってものを、

はっきり言って、

誰しもが、持ち合わせているものではあることでしょう・・・・・!!

ま、だけど、

質問って単語を使うからには、

自分自身よりも、立ち位置が上の人に対して、

行うものであると言う前提が、

何よりも、先にはくるものでしょうね・・・・・。

だからこそ、

その前提でもあり、想定ってものが存在するからこそ、

自分自身の、質問の発想の元が、

出来上がるとも言えますし、

また、

そもそもとして、

質や種類ってことにも、拘りが出てくるものではありますね・・・・・(^^)

それらを踏まえて、

今回は、

良い質問を考察することで、自問自答の質が高まる。

ってテーマに沿って、アレコレ考察していきましょう!!

スポンサードリンク

良い質問は、それ自体がゴールである。

かの有名な、

アインシュタインの名言の中に、

『良い質問は、それ自体がゴールである。』って言葉があります。

実は、これは、

だいぶ端折って書かれた言葉でもあるのですが、

後1時間後に死ぬっていうシチュエーションで、

大多数の人っていうのは、

その残り1時間のうち、55分をかけて、

その後の自分自身の方針を決定して、

残りの5分で実際に実行するなり、

覚悟を決めるってことを、表しています。

要するに、

自殺なのか?他殺なのか?

はたまた、

寿命なのか?は解りかねますが・・・・・、

死に臨む際であったとしても、

その後の自分自身の方針ってものを、

やっぱり、考えてしまう、思考してしまうのが、

人間だと言うことなのです。

逆に言うと、

自分自身に対する、良い質問が出来上がると、

答えは自然と発生するって事でもあります。

だからこそ、

自分自身の方針は、

普段から、自問自答して、

自分に問いかけ続ける必要があるって事でもあります。

また、

死に臨む際ってものは、

そのまま、自分自身の、

行動のレスポンスとも関連してくる問題でもあることでしょう・・・・・。

だからこそ、

その、ある意味、

ゴール視点でもある、

死に臨む際ってものを、

シミュレーションしておくことで、

行動力を高めるものは、勿論なことでしょうが、

それ以外にも、

後悔を無くしてしまうような、

自分自身の納得を得て、正当化でもあり、権威性を持たせるような、

自分自身の方向性ってものを、

決定する為、決断する為にも、

その、自問自答は、大切となると言うことです。

ただし、

大雑把すぎる、

フワフワした質問ってものは、

答え自体もフワフワしてしまうものではありますね。

これは、要するに、

決断が出来ていないからこそ、

フワフワする側面はあります。

まぁ、

死に臨む際に、

あまり、スパッと決断出来てしまう人は、

ちょっと人間味にかけて見えるでしょうし、

フワフワして、当然だとは、言えてしまうでしょうが・・・・・(苦笑)。

だからこそ、

決断の速さ如何よりも

種類も踏まえた上での、質ってものが、求められると言うことでもあるでしょうし、

また、

それには、正当化や、権威付けってものが、

欠かせないものにも、なってくるでしょう・・・・!!

またまた、

勿論、死後の世界ってものは、

見えるとか、知っているとか、

主張する人は、存在するでしょうが、

はっきり言って、

見えないものでもあり、無知の領域だと言う認識を持つことが、

当たり前でもあり、

逆に、それでこそ、

まともな正当化でもあり、権威付けが、為されるっことも、

理解しておきましょう・・・・・・(^^;)

スポンサードリンク

良い質問ってものは、在りたい自分在りきの質問でもある。

決断する為には、

情報やアイデアってものを、

意図的に、

枠を創って、厳選していく必要性があります

この枠を創る事を、

意図的に出来ないと、

決断ってものが出来ないって言うことです。

要するに、

人っていうのは、

情報に左右されると言うか、

もっと、はっきり言ってしまえば、

我々は、結局は、

情報に支配されているって事でもありますし、

情報のより集まりで、自分ってものが、

出来上がっているものだと言う認識も、

必要となってくることでしょう・・・・・・!!

が、

この情報っていうのは、

単純な知識の数の事ではなく、

臨場感を持った、情報の方ではあります。

それを考えみると、

普段の習慣や、

思考の癖等、

たとえ、小手先からとは言え、

自分自身の行動を通して、

維持されている情報ってものを、

無視する事は出来ません

いわゆる、

自分の『フィルター』ってものの事ですね。

自分の『フィルター』を通した、

自分の『コンフォートゾーン』と言う、

枠組みの外の情報ってものは、

そもそもとして、

臨場感ってものがありませんし、

フワフワしているものでも在ります。

自分の『コンフォートゾーン』内に取り込むからこそ、

臨場感が出てくるってことです。

要するに、

この、

『コンフォートゾーン』内に取り込む、

または、

取り込まないって事を、

自覚的に、

選択出来るようになるってことが、

所謂、

在りたい自分を裏切らないで、

それを踏まえながらも、

自分自身の、コンフォートゾーンを、

拡大していく為には、必要となるってことです。

でも、

優柔不断な人っていうのは、

保守的に、守りに長けているように、

一見、見えるかも知れませんが、

実は、

この、

『コンフォートゾーン』内に情報を取り込む、

取り込まないって事の、

コントロールが出来ていないってことでもあるのです。

要するに、

自分が望む未来と反した情報にも、

臨場感を持たせてしまう可能性を、

孕んでいると言うことです・・・・・!!

まぁ、だけど、

このプロセス自体も、

試行錯誤や、葛藤を生み出すことになって、

結果的には、

自分自身の方針を決断する為の糧でもあり、

情報的な材料には、なっていくものではありますが・・・・・。

けれども、

同じような、試行錯誤ならまだしも、

同じような、葛藤に悩まされ続ける人にとっては、

次のステージに、進む為には、

意識的に、

葛藤を回避出来るような、

選択をして、

そのステージに、慣れていくこと自体が、

自分自身のステージを、高めていく為には、必要となるってことです。

またまた、

本当の意味で、

ステージが高まるってことは、

同じような問題で、悩まされることが、

無くなるものでもあります。

だからこそ、

同じような葛藤でもあり、

問題ってものにも、

自分自身から、進んで、向き合うことが可能にもなり、

そこに、価値創発と言う意味での、

アドバンテージが、出来上がっていくと言うことです・・・・・!!

まぁ、

魂のステージとか、

人生のステージとか、色々と、

表現されるものではありますが、

基本的に、上を目指すものではありますが、

実質的には、上ばかりを見ていても

すぐに限界がきて、停滞してしまうので、

足元でもある、下をみることもまた、

ステージを高めていく為には、必要となるでしょうし、

本当の意味で、ステージが高まっていれば、

下の情報ってものは、

回避する必要性すら、感じないでしょうし、

そこに、快楽性や、充実感を、見出すことも、

可能となっていることでしょうね・・・・・(^^)

スポンサードリンク

望まない未来の情報を、無くしてしまう為には??

在りたい自分に、反した情報ってものは、

ある意味、

望まない未来の情報だと、言えてしまうことでしょう・・・・・!!

が、そのような情報ってものは、

基本的には、

世界から、無くなっては行かないって認識も、

必要となります。

要するに、

世界は、多様性で出来ているものでもありますから、

自分以外の誰かからすれば、

その情報に、在りたい自分が含まれている可能性も、

多分に考慮出来るはずでしょう・・・・・!!

またまた、

だからこそ、

自分自身の情報ってものにも、

その、在りたい自分に、

ふさわしい枠組ってものが、必要となるってことですし、

その枠組みを構築する為の、

スキルや技術ってものの、

レベルを高めていく必要があります

要するに、

自分が望む未来と反した情報には、

枠を創る必要がありますし、

第3案とも言うべき、

自分の『フィルター』を通した、

自分が望む未来に沿った解釈を持つことが、肝要となるってことですね〜。

また、

自分が望む未来っていうのは、

柔軟性を持っている必要性があります。

要するに、

抽象的過ぎると、

余計な情報に飲み込まれて、

無限の可能性があるかも知れませんが、

その、無限の可能性ってものには、

何回も繰り返されるような、葛藤も孕んだものでもありますから・・・・、

枠組みってものが、必要でしょうし、

逆に、

決めつけ過ぎる=具体的過ぎると、

その情報に、を入れれば入れるほど、

その枠組みの外側の情報にも、

同じように、力を与える事になってしまいます・・・・・

だからこそ、

行動する為に、丁度いい抽象度

理解する為に、

丁度いい抽象度ってものが存在するってことです。

で、

行動や、情報収集をする度に、

毎回、

枠を想定し、

自分の解釈を用意することが大事でしょうし、

その為には、

文章化したり、メモをとったりすることによって、

普段から、在りたい自分を踏まえた上での、

自分自身の見解でもあり、解釈ってものを、

構築するスキルや技術を、

磨くことも、重要となることでしょう・・・・・!!

まぁ、

だけど、そのスキルや技術磨きってものは、

一般的には、

学校の勉強のような、イメージを持って、

努力的な意味合いで、行いガチではあることでしょうが、

ハッキリ言って、

頑張るって言う意味での、

努力ってものは、長続きしませんでしょうし、

そもそもとして、

あなた以外の誰も、

その努力を、認めないものでもあると言う認識も、

必要となってきます・・・・・。

少し、辛辣な言い方をしたかも知れませんが、

逆に、

だからこそ、

開き直って、自分自身を楽しませるような、

快楽性を、そのスキルや技術に、

見出すことが、出来るのだと言えますし、

だからこそ、

習慣化して、「続く」ってことなのです。

またまた、

この、スキルや技術を、高める行為が、

習慣化するってことは、

それ自体が、

自己成長ともなるってことなのです・・・・・!!

自己成長して、ステージが高くなって行けば

自ずと、

関わる人も変化してくるでしょうし、

自ずと、

豊かな人生に、なっていくことでしょう・・・・!!

が、

その為に、別に、

上ばっかり見る必要性なぞ、無いってことでもあるでしょうし、

上下を見るよりも、

枠組みと言う風な、

幅の方に、意識を向けた方が、良いってことでもありますね〜。

それって結局は、

スキルや技術の専門性ではあることでしょうが、

上下関係ってものは、

ステージによって、自ずと、決定してくるものでもありますから、

逆に言えば、

自分の専門性を踏まえた上での、

足元の方が、何かと、大事にはなっていくことでしょうね・・・・・(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

枠を想定し、

自分の解釈を用意するって事は、

丁度いい抽象度の、自分自身の方針に、

キチンと、

コミット出来ているならば、

インスピレーションという形で、

自然と受け取れるプロセスでもあります。

要するに、

『良い質問を考察することで、自問自答の質が高まる。』って事なんですね。

だから、

よく、

成功哲学で言われる、

「夢や目標を決める時には、そのプロセスを決める必要は無い。」

って事でもありますし、

プロセスが、具体的過ぎる質問ってものは、

あまり、良い質問では無いことでしょう・・・・・(^^;)

ある程度の、フワフワ感と、

在りたい自分を、踏まえているってことが、

重要になりますから。

そのプロセスは、

現実での、

その場のシチュエーションから感じ取り、

自分自身の内観が、科学反応を起こし、

インスピレーションとして湧き起るものではあります。

ただ、

それを言葉で、

簡潔に、

丁度いい抽象度で表現したものが、

枠を想定し、自分の解釈を用意するって事なのですよ・・・・・(^^)

但し、その為には、

小手先からでもある、

スキルや技術を通して、表現する必要があるでしょうし、

また、

それでこそ、定着して、

快楽性を見出しながらも、習慣化するって事でもありますね〜(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする