完全にコミット出来ていることは、受け入れるしか無くなる。

コミットとか、コミットメントって概念がありますが、

そもそもとして、

完全にコミット出来ていることって言うのは、

受け入れるしか無くなるという理解も、

必要となってくることでしょう・・・・・!!

まぁ、だけど、

それは、何でもかんでもに、

当てはまることでは無いことでしょうし、

そもそもとして、

そのような人って言うのは、

もう、催眠術の達人とか、

とにかく、偉い人のようにも感じてしまい、

どちらかと言うと、

仲良くなりたいってよりも、

恐れを抱く存在にも、なってくることでしょう・・・・・!!

だからこそ、

コミットする事柄って言うのは、

ある意味、

普遍的な、事柄でもあり、

また、

枠組みを、限定した事柄に、限ってくるものではありますよね〜。

またまた、

誰しもが、険悪感を抱くような事柄を、

禁止する場合も、そのような、

コミット力ってものが、求められるものではありますが、

基本的に、

そのような、マイナスの暗黙知にも当たるような、事柄は、

掘り起こさないような配慮も、必要となってくるものでもありますね・・・・・・。

要するに、

意識的に、意識に上がってこない配慮とか、

マナーってものが、求められると言うことですし、

また、

そのような事柄に、

フォーカスを向けるからこそ、

そのマイナスの暗黙知が、現実化してしまう側面も、

勿論、あります

それらを踏まえて、

今回は、

完全にコミット出来ていることは、受け入れるしか無くなる。

ってテーマに沿って、アレコレ考察して行きましょう!!

スポンサードリンク

在り方にコミットするといふこと。

まず最初に、

完全にコミット出来ているって事っていうのは、

自分自身の『在り方』の話であります。

自分自身の『在り方』っていうのは、

関わる人や、

自分が認識しているシチュエーションとの相対性で出来上がっていることでしょう。

で、

こう聞くと、

周りの環境ありきでの自分のスタンス=『在り方』

っていうふうな、

構図が出来上がってきますが、

実際問題、

そんなに単純なものでも無いでしょうし、

また、その認識だと、

自分自身ってものが、ロボットのように、

取替え可能な、一つの部品のようにも、

感じてしまうことでしょうから、

注意も必要だと言うことです・・・・・。

また、例えば、

ある程度の、

『在り方』のステージが高い人っていうのは、

どんな劣悪な環境にいても、

それ相応の、

人や環境との関係性が出来上がるものだと言う理解も、

持ち合わせていた方が、

何かと、自分自身の、行動や態度の軌道修正の為には、

役には立つことでしょう・・・・・!!

これを逆に言うと、

『在り方』のステージが低い人っていうのは、

どんなに、

恵まれた環境にいても、

それなりでしかない、

人や環境との関係性が出来上がってしまう、

と言う理解を持ち合わせて見ましょう・・・・・・!!

要するに、

そのように理解することで、

これまた、

反省する必要はありませんが、

自分自身の、向かうべき方向性を、

見据える為には、何かと、

必要にはなってくることでしょう・・・・・!!

またまた、

上記で、反省は必要無いとは言いましたが、

基本的に、反省ってものは、

後悔を生み出すだけの概念だという理解も、

必要となると同時に、

思考や、口先だけの反省ってものは、

無意味だと言う理解も、必要となることでしょう・・・・・!!

だけど、

行動として、反省と捉えられることを、

実行すること自体は、

何かと、組織での人間関係や、

自分自身の方向性の、

軌道修正をする為には、必要となってくることでしょうね。

スポンサードリンク

ステージの違いってものは、捉え方の違いとも言える。

ステージが違うって聞くと、

ある意味、

もう、別の人種や、別の生物のようにも、

感じてしまう側面も、無きにしも非ずなのですが・・・・・(苦笑)、

基本的には、

捉え方が違うと言う認識を、

持ち合わせておく方が良いことでしょう・・・・・。

これは、

要するに、

それぞれのステージによる、

人や環境に対する、『捉え方』の違いでもあります。

単純に言いますと、

『在り方』のステージが高い人は、

その『在り方』を維持する為の、

人や環境との関係性に因われているとも言えますし、

逆の『在り方』の場合も、

また、

しかりなんですね。

要するに、

何に我慢が出来て、

何に我慢がならないかの違いでしかないとも言えます。

で、

『在り方』のステージが高い人っていうのは、

目先の成否よりも、

未来の理想の可能性に目を向けているものなのです。

目先の成否に目を向ける事っていうのは、

在る意味、

人間の本能的な部分でもありますし、

人間の、感情的な部分のことでもありますね。

また、

基本的に、ステージが高い、低いに関わらずに、

両方とも、人間でありますから(笑)、

感情が無くなることは、ありえません

要するに、

感情の解放の仕方の違いでもあり、

その違いによる、

行動の精度の違いによって、

結果的に、

在り方に違いが生じるってことでもあることでしょう・・・・・!!

簡単に言うと、

感情のままに生きていると、

目先の成否ばかりに因われて、

ちょっとした事に、自分自身の『捉え方』が左右されてしまうものなんです。

そういう、

自分自身の『捉え方』をコントロールする為に、

瞑想をして、

自分自身を俯瞰する事が大事になるってことではありますが、

その瞑想には、小手先のスキルや技術を通して、

瞑想を行う必要性があるってことです。

まぁ、

毎回、自分自身の感情が、

揺り動かされるたびに、黙祷して、

瞑想する人って言うのは、

中々、レアキャラだろうし・・・・(笑)、

行動しながら、瞑想と同じ効果を作り上げるスキルを、

磨いていく方が、何かと、

自分自身にとって、使い勝手が良いと言うことですね・・・・・(^^)

ま、そのスキルは、

ある意味、

小手先のスキルから、抽象度レベルを高めるってことに、

当てはまってくるのでしょうが。

要するに、

小手先から、構造を理解したり、

意識していくことで、

自分自身の感情にだけに、フォーカスが当たっている状態を、

回避するとも言えますし、

また、

自分自身の外側でもあり、人のことに、

フォーカスを当てることによって、

ある意味、

自分自身の感情を、取るに足らないことだと、認識することでもありますね・・・・・・・。

だけど、

上記の事柄ってものは、

基本的には、

何か、手を動かしながら、行うことが、

望ましいものでもありますし、

頭の中だけで行っていては、

感情が燻って、同じようなシチュエーションでまた、

同じ葛藤を味わうことに、なりがちではあることでしょう・・・・・・。

自分を支配している捉え方を、コントロールする。

自分を支配していると言うと、

ちょっとアレ何ですが・・・・・(笑)、

ま、要するに、

自分自身の、動物的な部分でもあり、

反射的な部分も含めて考察すると、

結果的に、自分自身を支配しているのは、

自分自身の捉え方だという事実に、

ぶち当たってくることでしょう・・・・・・!!

だからこそ、

実質的に、自分自身を支配している、

自分自身の『捉え方』の方を、

コントロール出来れば、自分自身の行動や思考にも、

責任を持てる在り方に対するコミットが、

高いレベルになって行くと言うことです。

また、

理性的に生きるって事が、大事になってくることでしょうが、

基本的に、

理性と感情は、ニコイチでもあり、

分けて考えることではありませんし、

理性的に生きるってことは、

感情と分離して、計算的に生きるって事じゃあありませんし、

上記にあげた通り、

動物的な部分でもあり、感情的な部分も含めて、

理性的に生きると言うことなのです。

自分の趣向を理解し、

人の心理を理解し、

どうやったら、

自分や他人を満たしつつ、

豊かになっていくかって事を、考慮して行くってことなのです。

でも、その為に、

人を実験体として扱うほど、

傲慢な人は、中々、存在しないことでしょうし、

また、

それは逆に、自分自身の弱さから、

目を背けガチになって、

あまり、大した成長を、望めないことでしょうし、

また、

いつも、同じようなシチュエーションで、

結果的に、人を裏切ったり、

騙したりすることでしか、

自分自身を満たす術を、見出せなくなって行く可能性も、

無きにしも非ずなのです・・・・・!!

だからこそ、

自分自身っていうのが、

格好の実験材料になるってことでもありますし、

それでこそ、

自己成長を実感出来るし、

実際に、

同じような失敗を、回避して行くことが、可能になることでしょう・・・・・・!!

って言うか、

自分を深く掘り下げて、

理解するレベルで、

他人の事を理解するっていうのは、

本当に解らないものだという理解を、

まず、持ち合わせておきましょう・・・・・!!

僕自身、

今までの人生で、

自分以上に、自分の趣向を理解している人に、出会った事がありません

まぁ、

そんな人がいたら、

全部、イエスマンになってしまえば、

自分で考える必要性もありませんし、

また、

洗脳されることが、幸せの形だと言えることでしょうが・・・・(苦笑)、

残念ながら、自分自身の理性と感情は、

ただ、洗脳されることを、良しとはしてくれません(笑)

だからこそ、上記の事柄は、

あくまで、

想像上の話ではあるのですが、

現実問題、そんな人が、

もし、

自分の身近にいたとしたら、

その人とは、

関係性も築けないだろうし(恐れ多くて・・・)、

また、

そういう世界を知った事で、

自分の『捉え方』を変化させるでしょうし、

その変化によって、成長を望めるとも言えるものではありますね・・・・・(^^)

あくまでも、

想像上の話なんですが・・・・・(笑)。

スポンサードリンク

理想を実際に、行動に移した記録の価値とは??

誰かが、理想を行動を伴って、

実践した記録っていうのは、

色んな参考データに溢れているものでもあります。

そのような記録ってもののことを、

ある意味、

生きたコンテンツと呼ぶことでしょうし、

そのような、

生きたコンテンツっていうのは、

モチベーションの源泉にも、なってくることでしょう・・・・・!!

勿論、自分自身の記録であっても、

モチベーションの源泉足り得るし、

人の記録であっても、

感化されることで、

モチベーションを刺激されることになると言うことなのです・・・・!!

勿論、

そのまま、真似出来る事や、

そのまま、

真似出来ない事がありますが、

そんな事の超えた次元の、

まず最初に、

行動する為に必要なエネルギーってものが、

その背景には篭っていることでしょう・・・・・!!

真似できようが、

真似できまいが、

っていうふうな、

そのような事っていうのは、

あまりたいした問題じゃあ無いのです。

自分自身の習慣となり、

自分自身の生きがいとなり、

自分自身のライフワーク(使命)になるような事っていうのは、

そのような、

出汁になるようなエネルギーと、

自分自身との融合によって、

出来上がることでしょうし、

また、

その融合によって、

行動計画でもあり、追求するべき、

スキルや技術を企画すれば良いとも言えることでしょう・・・・・。

ある意味、

そのモチベーションによる、充実感は、

『それ』と出会う前の自分には、

想像もしなかった事でもあります。

まさか、

自分の中に、

そんな行動を実践するエネルギーが隠れていたなんて・・・・

『それ』と出会う事により、

自分自身の内にあった、

『何』かが化学反応を起こすんですね。

単純に、

感化されるのとは、

また少し違う事でもありますし、

感化されるってのは、

結局は、モノマネ止まりとなることでしょう・・・・・。

あくまでも、

融合を果たして、

新しいエネルギーに変換されるって事なのです。

だから、

行動し続けて、習慣となり、

自分自身の血肉となり、

生きがいとなり、

ライフワーク(使命)となるってことなのです。

誰かの、

借り物に過ぎないエネルギーでは、

その誰かに依存し続けないことには、

エネルギー切れを起こしてしまうことでしょう・・・・・。

まぁ、太鼓持ち状態のことではありますが、

早く太鼓持ちを卒業して、

自分自身の企画をして行きたいものではありますね・・・・・(笑)。

また、最初は、

誰かの、

借り物に過ぎないエネルギーを、

自分自身と融合させ、

実は、

自分自身の内に元々存在していたであろう、

『何』かを発現させるプロセスでもあるのです・・・・・!!

その発現を、

定着させる為には、

行動による、

自分の『在り方』の示し方ってものが、

大事になってくることでしょうし、

自分自身のスキルと技術によって、

企画して行く必要性があるってことなのです。

勿論、企画と言うからには、

人に対して、何かを提供することには、

なることでしょうが、

人に対して、

自分の『在り方』を示す事よりももっと、

自分自身に対して、

自分の在り方を示す事の方が、

何かと、精度が高まると言うことでもあるのです・・・・・!!

まぁ、突き詰めて言えばの話ではありますが、

要するに、

自分自身の趣向さえも、

踏まえた在り方ってものは、

人にはちょっと、理解しがたい部分ってものも、

存在することでしょうが、

「だが、それがいい。」

ってことでもあるのです・・・・・・・(笑)。

まぁ、

上記のことを、正当化して、

権威付けしてみると、

何時いかなる時でも、

自覚があろうが、

無自覚であろうが、

自分を見守っているであろう、

自分自身の内なるものに、

行動によって、自分の『在り方』を示すってことでもありますね。

それが、

当たり前のレベルに達した時が、

完全にコミット出来た時って、

言えるんじゃあ無いでしょうか??

そのレベルの事柄には、

そもそも、

抵抗しようって気も起こらないことでしょうし、

完全に、

調和した行動になっているはずですから、

抵抗とか、場違いや、お門違いになりうることでしょうから・・・・・(^^)

ま、

害は無いし、

放って置けば良いとも言えますが・・・・・(笑)。

まとめとして。

いかがでしたか??

人間って、

自家発電機みたいな側面もありますよね〜。

ただし、

発電する為に、良質な媒体が必要みたいな。

逆に言うと、

悪質な媒体っていうのは、

自家発電じゃあ無くて、

エネルギーを逆に奪う性質を持っているので、

情報には、注意が必要でしょうし、

また、

それって言うのは、

多分に、動物的な部分の影響も、大きいので、

完全に、回避は出来ないことでしょうが、

構造的に、経験則的に、理解出来れば、

また、

構造的に、経験則的に、回避も可能だと言うことですね・・・・・!!

また、良質な媒体ってものは、

自分自身のスキルや技術を磨くことによって、

捉え方により、出来上がってくるとも言えますから、

全部を全部、人任せにする必要も無いってことでもありますね・・・・・(^^)

まぁ、

そういう意味での、

自家発電機だと言うことです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする