引き寄せの法則とは、結局は、自分が動く為にあるってこと。

引き寄せの法則って聞くと、

願っただけで、想いが叶うとか、

願い事を、宇宙に念じるだけで、

現実が、思い通りになるとか言う、

謳い文句で有名ではありますね・・・・・。

まぁ、しかし、

現実ってものは、行動しないことには、

動いていくものじゃあありませんが、

仕事や人間関係で、忙しすぎる人にとっては、

行動しているのは、行動しているのでしょうが、

何処か、

自分自身の夢とか、ビジョンを、

自分自身で、蔑ろにしがちになってしまうって言うのも、

世の中には、

多々存在することでしょう・・・・・・・!!

また、

それって言うのは、結局のところ、

仕事環境や、関わる人によって、

自分自身の行動ってものを、

決められているからが故であるとも言えますし、

またまた、

自分自身の思考ってものさえも、

ある意味、

環境や、関わる人によって、

管理されていたり、もしくは、

より、細かく干渉される立ち位置であるとも、

言えるものでもあるのです・・・・・・!!

だからこそ、

勿論、

行動によって、現実が動くって原則が存在していたとしても、

思考でもあり、使う言葉によって、

その行動の、意味付け自体を変える

もしくは、

その行動の、意味付け自体を、

自分自身で選択するってことが、

自分自身の納得を得て、

自分自身が望む現実を、

送っていく術ともなってくるものでしょう・・・・・!!

またまた、

初めて向き合うような事柄ってものには、

メンタルブロックってものが、

つきものでもありますね・・・・・・。

そのような、

メンタルブロックってものは、

ある意味、

自分自身の、思考の癖によって、

捉え方が出来上がっているものでもあり、

たとえ、

全てのメンタルブロックが、無くなってしまうことがなかろうとも、

少なくとも、

自分自身が、望む方向性に対しての、

メンタルブロックを、

どんどん、軽減していく術ってものは、

勿論、存在することでしょう・・・・・!!

それらを踏まえて、

今回は、

引き寄せの法則とは、結局は、自分が動く為にあるってこと。

ってテーマに沿って、アレコレ考察していきましょう!!

スポンサードリンク

果たして、イメージだけで、引き寄せの法則は成り立つのか??

『ザ・シークレット』で有名な、

『引き寄せの法則』って概念がありますが、

『引き寄せの法則』っていうものは、

表面だけのニュアンスで受け取りますと、

自分の考えた事

または、

自分のイメージした事が現実に引き寄せられるって法則取られがちなことでしょう。

いや、まぁ、

ちゃんと、無理の無いレベルでの、

行動が伴っていれば、

それも真理なのかもしれませんね・・・・・。

また、

別の言葉で言うと、

成功哲学で有名な、

『思考は現実化する』って概念とも、

似ている部分がありますね。

でも、

本当に、

自分の頭で描いただけで、

その結果が現実化するのでしょうか?

すごく、

当たり前の話になるんですが、

行動しない事には、

結果ってものは生まれませんよね?

どっちかというと、

表面だけを理解した『引き寄せの法則』ってものは、

マインドで、

臨場感を持って、

考えただけで、

ど~しても欲しい事柄が、

棚からボタ餅的に、

結果オーライ的に手に入るってニュアンスが、

多分に含まれている理解ともなることでしょう・・・・・・。

だがしかし!!

このマインドって、

表面だけじゃあ無く、実際に、

構造的に、突き詰めて行くと、

結果的には、

運命論や、前世からの宿命といったような、

自分以外のものの働きによって、

自分の人生が決定されているっていう風な、

すごく、

受身的な『在り方』に因われてしまう側面も、

無きにしもあらずなのです・・・・・・!!

何故ならば、

思考ってものは、勿論、

自分自身の捉え方によって、

出来上がって行くものでもあることでしょうが、

そもそもとして、

環境や、人からも、影響を受けるものでもあるので、

思考だけで解決しないような問題ってものは、

引き寄せの法則特有の、

念じることや、マインドを整えるだけの、行動基準では、

足りないような材料を、

過去生とか、歴史にも求めてしまい、

段々と、

自分自身の人生では無く、

何処かの誰かの人生をなぞってしまう側面ってものも、

存在してしまうのです・・・・・・!!

まぁ、

それって言うのは、

あくまでも、

劣化コピーの思考ともなりますし、

必ずと言っていいほど、

その本物を、追いかけ続けることを、

引き寄せてしまうことともなってしまうことでしょう・・・・・。

ま、それが、

気持ちがいいとか、それを欲していたって方にとっては、

それでいいのでしょうが・・・・・(苦笑)、

だけど、

それは、あくまでも、

つまらない現実に、刺激を求めるような、

娯楽の要素に過ぎず、

自分の現実ってものを、

劇的に変化させる為には、

その先に、自分自身のオリジナリティを、

想像して、創造して行く必要性もあるってことですね・・・・・!!

スポンサードリンク

マインドをオリジナルにする方法。

自分自身の、

マインドや、行動ってものは、

厳密に言えば、

自分と繋がりがある人達との縁と呼ばれるようなものから、

絶えず、

相互的に、干渉を受けているものではあるのでしょうね・・・・・。

でも、

そのマインドってものは、

実際に、

実現したい事を行動に移す

または、

表現する為に形にする時に、

かえって、

言葉は悪いのですが、

邪魔になる事もあるって思うのですよ。

自分自身が、

実際に、

行動出来る事や、

表現する為に、形に出来る事っていうのは、

背景や、

繋がりまで考えて、想像力を働かせると、

無数の広がりがあることでしょうが、

実際に、

自分自身がやる事っていうのは、

すごく、限られた事だけしか出来ません

自分自身の肉体ってものは、

唯一無二でもあることでしょうし、

そもそもとして、

行動には、時間や労力がかかってくるので、

まぁ、当たり前ではありますが、

いまここ、この瞬間に、

行うことが出来うる行動ってものも、

また、唯一無二となることでしょう・・・・・・。

また、例えば、

日本に住んでいて、

アフリカやアメリカの友達がいたとして、

もし、

その友達が、

病気で倒れたとしても、

すぐに、

見舞いに駆け付ける人っていうのは、

極少数の、

限られた人と、なってくることでしょう・・・・・。

仕事の融通の利く人や、

または、

アフリカや、アメリカに気軽に行けるだけの、

飛行機や船のチケット代や、英語を話すスキル等、

はたまた、

無事その病院に駆け付ける為の、

土地勘、もしくは、案内係といったような、

『地図やガイド』のようなものが必要ですね・・・・・。

勿論、

その日程を寝起き出来る為の、

日用品や、着替えといった様なものも、

必要になることでしょう。

上記のことを踏まえて、

引き寄せの法則ってものを、考察してみると、

要するに、

『引き寄せの法則』ってものは、

自分自身の可能性を広げる為のものであるとも言えることでしょう。

そのキーとなるのは、

当事者意識を持つってことに、

当てはまってきますね。

まず第一に、

自分自身が、

実際に、

その欲しいものを、

手に入れる為の行動をするんだっていう、

『当事者意識』を持つ事が、

全ての始まりなんだと思います・・・・・。

また、

マインドで、

好きな事や、欲しい事を考え続けると、

その事に関連した情報ばかり、目に着くようになってきます

例え、

いつもと、

おんなじような生活をしていても、

普段、

何気なく取り入れていた情報の中から、

その事に関連した事が抽出されてくるのです。

在り方のギャップを表面化する。

上記のように、

自分自身の、好きなことや、欲しい事柄を、

意識的に、考える習慣を持った末に、

気を付けて欲しいことが、存在するのですが・・・・・、

その情報を観続けて行くと、

段々と、

その願いが叶った自分と、

今現時点での自分との、

『在り方』のギャップも生まれてくるとも言えるでしょうし、

元々、存在していたギャップが、

表面化してくるとも言えることでしょう・・・・・。

在り方のギャップとは、

要するに、

すでに、その、達成したい事柄を、

達成している人の情報を受け取った末での、

その人と、自分自身との、

趣味趣向でもあり、メンタルブロックのギャップとも、

言えるものでもあることでしょう・・・・!!

在る意味、

『引き寄せの法則』っていうのは、

この、

『在り方』のギャップを、

自覚する為の法則とも、言えるのです!!

このギャップは、

在る意味、

苦しみと共にやってくることなんだと思います。

何故ならば、

今現時点で、

その望みが叶っていないって事は、

自分の『在り方』が、

それを叶える『在り方』では無いっていう、

在る意味、

『絶望』の感情でもあるんです。

これだけ聞くと、

ちょっとモヤっとするだけかも知れませんから・・・・(笑)、

もっとはっきり言いましょう!!

自分自身の趣味趣向や、

メンタルブロック的に考えて、

どう考えても、

同じ道を通って、達成出来る自信が無い、

もしくは、

もっと、突き詰めた場合だと、

「そもそも、本末転倒でもあり、そんな未来を望んでいない。」

ってことにも、なってきガチでもあると言うことですね・・・・・(笑)。

だけど、だからこそ、

この『絶望』っていうのは、

自分が出来る事と、

自分が出来ない事を知る為には、

絶対に必要な要素でもあるってことでもありますし、

絶望があるからこそ、

自分探しに、時間を奪われない側面も、

存在するってことなのです・・・・・!!

また、

自分探しってものは、

時間の無駄でもあるでしょうが、

そもそもとして、

そこには、お金がたくさん必要になることでしょうし、

そこには、仕掛け側としても、

騙しやすい要素が、無数に存在するっていう、

構造的理解も、必要となってくることでしょう・・・・・。

まぁ、

自分自身の得意なことや、

自分自身の趣味趣向に、自信を持てないと、

中々、その、自分探しを、

回避することが、難しい側面もあるので、

あらかじめ言っておきますが、

自分自身の好きなことや、得意なことって言うのは、

すでに、過去の経験の中に、存在するってことですね。

要するに、

それを踏まえた上での、

所謂、

「自分探し」は、無駄が無いでしょうし、

そのスキルや技術を、伸ばしていく為にも、

適切な経験とも、なっていくことでしょう・・・・・!!

また、

今現時点で、

自分の望みが叶っていないって事は、

『地図やガイド』に、現実味が無いって事でもあるのです。

この、現実味が無いって事は、

勿論、

主観的な判断ではありますが、

そもそもとして、

自分自身が、達成する前提じゃあ無い情報ってものに、

存在価値があるのでしょうか??

勿論、

誰かが達成している、もしくは、

誰かが達成出来る可能性は、

存在する情報なのかも知れませんが、

そんなものに、

自分自身が囚われる事自体が、

時間の無駄でもあり、

無用に、自信を失うことにも、なりガチだと言うことです。

憧れの人や、

メンターというような人の言う事を、

自分に置き換える事や、

または、

自分自身の行動によって得たヒラメキより優先して、

盲目的に従っていると、

こういう状態に陥ってしまうものでもありますね・・・・・(^^;)

でも、

これも、

『当事者意識』を持つ為や、

現実味のある、

『地図やガイド』を描く為には、絶対に必要な要素でもありますし、

一度は、誰しもが、通らざるを得ない道ではあることでしょう・・・・。

まぁ、

オリジナルな未来を達成するのであればの話ではありますが・・・・・(苦笑)。

スポンサードリンク

在り方のギャップを知ることにより、自分の本気を知る。

上記の事柄は、

別に、

憧れの人や、メンターが、

嘘を教えてるいるっていう事じゃあありません

在る意味、

本気になる為の、

やる気スイッチを押してくれてる事でもあるのですが、

まぁ、

パターン性も存在しますから、

何回も、同じことを、繰り返している方にとっては、

注意が必要となることでしょう・・・・・(^^;)

その教わったやり方は、

その憧れの人や、メンターにとっては、

『当事者意識』の、

現実味のある、

『地図やガイド』なんですね。

それの『本質』をコピーする事が大事になってくることでしょう・・・・・!!

まぁ、だけど、

本質ってものは、目に見えないものであると言う、

前提を、決して、忘れてはいけません

だからこそ、

『本質的』には、

本質に近く為には、

「何をやるか?」って事よりも、

「どのようにやるか?」って事の方が、

大事な事になってくることでしょう・・・・・・。

自分自身という、

一人の人間が、

行動なり、表現の為に、

形に出来る事っていうのは、

極、限られた事であります。

でも、

その確かな、

実行という、

ひとまとまりの行動が、

自分が認識出来る世界に影響を与えるものでもあるんです。

その確かな、

実行という、

ひとまとまりの行動の為に、

マインドってものが存在するって認識が、

必要です。

要するに、

まとめる意識でもあり、

調和の意識でもありますが、

そもそもとして、

言語化しないことには、

マインド足り得ないことでしょうし、

人に伝えて、説得したり、

納得を得る手段が、存在しないことでしょう・・・・・(^^;)

そのような、

『当事者意識』を持って、

現実味のある、

『地図やガイド』を描きながら、

言語化していきながら、

行動していく事が、

結局は、

『引き寄せる』って事と、なっていくことでしょう・・・・!!

まとめとして。

いかがでしたか??

迷った時や、

絶望する時っていうのは、

逆に、

『何か』が生まれる瞬間でもあるんです。

『そこ』から逃げずに、

『何か』を形にする事、

『何か』を行動に移す事が、

何時でも、

『在り方』のギャップを埋める手掛かりとなるんだと思いますし、

勿論、

言語化してみることも、

とても、大事な要素となっていくことでしょう・・・・・!!

気が付くと、

元々、

ありえないって感じていた所が、

いや、

元々、

意識にすら上がっていなかった、

概念と概念が、

自然に繋がっちゃっていたりしますよ

自分の意識に上がっていなかった、

『当事者意識』を持った、

現実味のある、

『地図やガイド』が、

出来上がったとは言えなくても

空白に、地図やガイドが、浮かび上がった瞬間とは、

言えるものではあることでしょう・・・・・(笑)。

後は、

『それ』の実行を何時するか決め、

『それ』を中心軸に、

毎日を過ごすだけでもありますね。

気が付くと、

極、

当たり前に、

実行している自分を発見する事が出来ちゃいますし、

そのサイクルが、

未来の計画の、企画案ともなっていくことでしょう・・・・・!!

『それ』を総称して、

『引き寄せの法則』って言うんだと、

僕は思いますよ・・・・・(^^)

まぁ、

己を深く知っていけば、

人のアイデアも、カスタマイズしやすくなるってことですし、

それでこそ、

オリジナルな未来を、想像して、創造していけるってことですね・・・・・!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする