コーチングとは、可能性を信じること!!

コーチングという概念があります。

その概念は、人材開発の技法の一つともされ、

基本的には、対話による、コミュニケーションによって、

相手の、目標達成や、自己実現を、図る技術とされていますが、

その手法は、

相手の話をよく聴いた上で、感じたことを伝えて承認し、

質問をしていくことで、自発的な行動を、

促すという、コミュニケーション技法なのです。

またまた、

一般的には、コーチと聞くと、

スポーツのコーチを連想したり、スポーツチームで言えば、

監督と、選手の間を取り持つ、サポート役のような、

イメージを持つものでのありますし、

教師と生徒の間を取り持って、サポートする人のことも、

コーチのイメージがあるものですね。

そのような、コーチの役割っていうのは、

かいつまんで言うと、

人の可能性を、開いて行くことなのです。

それを踏まえて、今回は、

コーチングとは、可能性を信じること!!ってテーマに沿って、

考察して行きたいって思います(^^)

スポンサードリンク

コーチングが必要なのは、可能性が固定化されている人。

そもそもの、コーチングが必要となるのは、

過去の習慣や、考え方によって、行動の制限がかかった、

可能性が固定化されている人なのです。

だけど、それって、

シチュエーション次第では、誰しもが、陥る可能性を孕んでいます

またまた、

行動の制限がかかっている=その人の環境や、人間関係自体が、

固定されていて、なおかつ、そこから出ることが出来ないと言う、

思い込みを抱えている状態だと言えます。

そのような状態にあると、

その人の意思だけでは、なかなか、

視野が狭くなりがちで、可能性を広げるための視点が、

スコトーマ(盲点)となっており、自分の未来の方向性を、

前向きなイメージで、捉えにくいものでもあるのです。

要するに、

環境や、人間関係による、声にならない暗黙知によって、

可能性を決めつけられている状態なのです。

決して、直接決め付けられることだけが、該当するものではありません

可能性を決め付けられない環境が大事となる。

上記の状態を脱出するのに、必要となることは、

まず、

可能性を決め付けられない環境や、人間関係を、

たとえ、少しづつでもいいから、構築して行くことなのです。

可能性を決め付けられない事は、非常に、大切な事なのです。

これは、ある意味、

コンフォートゾーンの外に出て、ラーニングゾーンを探り出すってことでもありますし、

また、自分の現状の環境や、人間関係を、

外からの視点を取り入れることで、

俯瞰して観るってことでもあるのです。

参照

コンフォートゾーンの意味と、抜け出す為の、第一歩とは??
コンフォートゾーンという、 概念、言葉があります。 その意味自体は、 「居心地がいい場所」という意...
自分軸で生きる為に、必須!?いまここという概念理解!!
自分軸で生きていくことが、 人間関係や、仕事等で巻き起こる、 色んなしがらみを解消していく術だと言われています。...

その俯瞰の視点を持つことで、

たとえ、同じ環境や、人間関係だったとしても、

如何に、可能性が制限されていたか??って事実が、見えてくるのです。

要するに、

狭い範囲の中で、他人の可能性を決め付けることの、

愚かさが、理解出来ることでしょう。

人の可能性を決め付けること自体が、自分の可能性を狭めること。

人の可能性を決め付けない事は、

受け入れる、受け取る、受容する事に対する、抵抗感を和らげる効果があります

それは、別の言い方をすれば、

心の感受性をあげて、器を大きくする事でしょう。

また、このプロセスを経ることにより、

自己卑下ってものを、意図的に、取り除いて行くことが、

出来うるのです。

その結果として、

セルフイメージが高まり、人が素晴らしいと思う事を、素直に賞賛出来る自分になれるのです

※勿論、自分の価値観に沿って賞賛出来るって事であり、決して、鵜呑みにすることでは無い

スポンサードリンク

教師的視点と、コーチ的視点の違い。

上記のことを、別の視点で言い換えると、

教師的視点と、コーチ的視点の違いとも言えます。

教師的視点とは??

教師的視点とは、言った事、教えた事をそのままやりなさいと言う視点の事でもあります。

要するに、

洗脳的な側面があり、教師の具体的なやり方を、そのまま自分自身に当てはめて、

ある意味、

上下関係を構築する術でもあり、教師=指示を出す、生徒=指示を待つと言う風な、

依存関係を構築する視点でもあります。

またまた、

この視点は、あくまでも、表面的な学習しかできず、その背景の、本質部分の理解には、

構造的にも、なかなか辿り着けない側面も、持ち合わせているのです

まぁ、

自分が持ち合わせて、培ってきた、キャラクターまで、

コピーが必要となる視点でもあるので、

キャラクターが、まるっきし同じ人間なんて、そもそもいないだろうから、

理解が浅くてアタリマエでもあるでしょう。

コーチ的視点とは??

もう一方の、コーチ的視点とは、

実際に、実践して、体現してみるから、

自分のキャラクターに沿って、吸収できる部分だけでも、吸収してみては?と言う、

主導権自体は、お互いに、自分の好奇心にある、

提案的な視点なのです。

また、こちらの視点は、

好奇心ベースであるだけに、自分の頭で考える事が、重要になってきますが、

自分のキャラクターを、明確にして行く上でも、

役に立つだろうし、

物事の全体性を把握する=ゲシュタルトを構築するのにも、適した視点なのです。

介護的視点とコーチ的視点の違い。

介護的視点とコーチ的視点っていうのは、

混合されやすいものでもあります。

その最も、大きな違いってものは、

介護視点ってものは、介護される側からの、一方的な依存関係にあたり、

コーチ的視点とは、お互い、気付きをシェアしあえる相互依存の関係との違いでしょう。

また、この上記に挙げた、3つの視点は、

全てが、仕事として成り立っているものではありますが、

その全てに、共通して必要となるのは、

コーチ的視点でもあるでしょう。

何故ならば、

コーチ的視点ってものは、自分のキャラクターに沿った、価値観の交換という風な、

お互いにとって、新しい視点の交換とも言える、

win=winの関係性が、成立するからなのです。

要するに、たとえ、教師側であっても、一方的に与えるんじゃあ無くて、得るものがあるって事

またまた、

介護自体が仕事だという人にとっても、

本来、コーチ的視点を活かしてする方がいいでしょうしね(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

上記の3つの視点は、どれか一つだけに特化するものじゃあ無く

バランスをとることが、大事になる視点でもあります。

何故ならば、

コーチ的視点にフォーカスを当てて、いいところばかりを挙げてきましたが、

コーチ的視点それだけでは、

なかなか、仕事としては、成り立ちにくいっていう側面も、

無きにしも非ずなのです・・・・。

まぁ、だけど、

色んなことに、複合的に、使えるっていう事実は、

人の可能性を信じることは勿論、

自分自身の可能性を信じるってことに、繋がるのです(^^)b

その複合的視点によって、

行動すること自体が、また、

良い感情の、交換のスパイラルを巻き起こし自分のキャラクターにそった、

win=winの関係性を、築き続けることに、繋がって行くことでしょうね・・・(^^)

それこそが、

可能性を信じるってことですね!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする