知見を広げるって意味はコレ!!可能性を広げること!!

知見を広げるって言葉があります。

その意味は、

見たり、聞いたりして、新しいことを知り、

見聞を広めることとはなっていますが、

そもそもとして、

知見ってものは、

インターネットや、書物や、

またまた、

人から又聞きした情報という風な、

知識の領域でもあり〜の、

なおかつ、

自分自身で、実際に、経験したことや、

人の経験から考察される

知恵の領域の部分とが、

混ざり合った概念のことでもあるでしょう。

だけど、

これもまた、そもそも論としては、

「知見を、何の為に、広げる必要があるのか?」と、

問われると、僕自身の見解としては、

可能性を広げて、出来うること自体を、柔軟に、幅広くしていくことだと言えます。

可能性が広がらなかったら、

どれだけ、新しいことに取り組んだり、

どれだけ、新しい人と出会ったとしても、

過去のパターンに固執した、アイデアしか出ないでしょう。

それは、真の意味で、

新しいことに、取り組んでいるとは、言い難いものでもあるのです。

要するに、

その為にも、たとえ、知識だけの情報と言えども、

自分自身の、アイデアのベースを、構築していく際の、

発想力を、柔軟にしていく為にも、

自分が持ち合わせていない分野の、知識を得ること自体も、

可能性を広げるという意味では、決して、無駄にはなり得ないものでもあります。

それを踏まえて、

今回は、

知見を広げるって意味はコレ!!可能性を広げること!!

ってテーマに沿って、考察して行きましょう!!

スポンサードリンク

決断の裏にある、あえて選択しなかった決断を知る。

決断の裏にある、あえて選択しなかった決断なのですが、

最近は、情報過多になっておりますので、

そういう決断は、探せばいくらでもでてくることでしょう。

だけど、

その時その時の、

現状が変わってしまうような決断

言い換えると、

「後では取り返しのつかない決断」ってことに絞ると、

それも、人生では何度かあることでしょうが、

その決断の、数自体は、限られてくるでしょうし、

自分自身の、信念を、構築している一部ともなっていることでしょう。

それは、

結婚とかもそうだろうし、(まぁ最近は、離婚するケースも多々あるでしょうが(苦笑))

色んなパターンがあるって思います。

だけど、そのような、

自分自身の環境が、ガラッと変化するような決断を、

決断した回数っていうのは、

その人の『在り方』とか、雰囲気にでるものなのです。

だけど、これは在る意味、

一般の認識では、後悔の元にもなるものでもあります。

しかし、

この、あえて選択しなかった決断っていうのが、

自分の信念とか、基本的発想の枠組みを、

形付ける為の、支えとなっている事実も、

決して、おろそかに出来ることではありません

これは、その、

あえて、選択しなかった決断側からの、

視点から見れば、

「そんな綺麗ごとを。」

って思ってしまうことでもあるでしょう。

だけど、

事実として、ブレない為のパワーっていうのは、

大概、そのような所から来ているものなのです。

あえて選択しなかった決断の裏には、その決断に付随した、色んな人がいることでしょう。

そういう人達を、

決断する度に、裏切っている、もしくは、突き放しているって視点を、

知るってことも、大事なことでしょう。

これは、勿論、

知識として、知っておくと良いというレベルではあります。

知識として、知っておくことで、

裏切っていながら、

もしくは、突き放すことにはなりながらも、

敵対心ってものを、ほとんど持ち合わせることが無くなります

もっと言えば、

たとえ、知識だけだとしても、

真逆を知ることにより、

自分の知恵に、深みが出てくるという、

事実もあるのです。

または、

人々というような、

不特定多数の中での、自分のポジションってものも、

把握出来るようになってくることでしょう。

スポンサードリンク

情報に踊らされないように、主体性を持つ。

情報に踊らされないように、主体性を持つことも、

可能性を広げる為には、大事なことでしょう。

何故ならば、

上記に挙げた、真逆の情報の視点ってものは、

自分が、頑張れば頑張るほど、

自分の情報と同じくらい、自分自身のフォーカスを、

惹きつける効果も持ち合わせているからなのです。

その為にも、

主体性を発揮する必要もあるのです。

要するに、

自覚的に、ある程度の距離感を、

持って、情報と対峙する必要性のことですね??

要するに、

真逆の視点の人に、

その場で、わめかれたり、ディスられたりしても、

反射的に、つい、言い返したりしてしまうのは、

ある意味、人間ですから、

しょうがない部分ではありますが、

次の日には、

「あいつはあいつ、俺は俺だな。」って思い直して、

描くゴール自体が、自分自身と違う視点がある事実を、認めるってこと。

すなわち、

視点の多様性を、認めることも、大事なことでしょう。

また、そのような、接し方の方が、

変に、引っ張り合いになる事もなく、

お互いの事を認められるものでもあります。

引っ張り合いの関係性は、

結局は、依存に満ちてて、主体性ありきの行動では無く、

人のリアクションありきの行動の、元ともなります

人のリアクションありきの行動っていうのは、

結局は、責任感の欠如を、生み出すことでしょう。

要するに、

行動自体の、責任転嫁をしやすい立ち位置ともなり、

自分を指示してくれる誰かがいないと、行動が止まってしまうと言う、

リスクも抱えることにもなりうるのです。

環境的に、指示がある環境でも、主体的に行動する習慣ってものは、強みとなることでしょう!!

スポンサードリンク

色んなノウハウを試すよりも、何か一貫性を持つ方が良い。

色んなノウハウを試すよりも、

何か一貫性を持つ方が、可能性ってものは、広がるものでもあるのです。

何故ならば、

可能性ってものを、広げる為には、

自分自身の、思考の枠組みに、変化を起こす必要性があるからです。

その為にも、

自分自身の、信念を知る必要性もありますし、

その信念を、形付けている、

環境自体が、ガラッと変化した決断のことも、

深く考察することも、大事になります

またまた、

そのような、一貫性があることを、

続けて行くうちに、

自分自身に、足らないものも、見えてくることでしょう。

もっと言うと、

その一貫性を、ベースとして、

世の中の、あらゆることを、考察して行くことで、

たとえ、

知識ベースの、情報からでも取り入れることによって、

文字通り、知見が広がって行くのです。

これはある意味、

今までの、自分の経験を、

決して、無駄にすること無く、

自分自身を、変化させ、進化させて行く方法論でしょう。

またまた、

決断の裏にある、あえて選択しなかった決断の視点が、

後悔するって選択肢を、消してしまうことでしょう・・・・・(苦笑)。

要するに、

過去の、環境をガラッと変化させた決断自体にも、

価値が出てくることで、

同じようなシチュエーションでの決断に、迷うことは無くなります

要するに、

意識や、思考の、ステージが高くなるってことですね(^^)b

まとめとして。

いかがでしたか??

色んなノウハウを浅く、広く、試した人よりも、

数は少なくても、

とことん、一つの事を、他のお誘いや、情報を受け入れつつも、

ブラッシュアップし続けた者が、

より高みに辿り着けるのでしょう。

だけど、

一つ専門分野を、とことん続けて行くって事の方が、メンタル的には、負荷がかかります

でも、

その負荷を乗越える事が出来たならば、

その背後の『あえて選択しなかった決断』っていうものが、

自然のパワーを与えてくれるものだと言うことですね(^^)b

またまた、だからと言っても、

その一つだけに、固執する必要性は、全くありません

何故ならば、

興味本位で、取り入れて行く知識自体が、

自分の思考の枠組みを柔軟にさせ、

その一貫性を、追求する助けともなりうるからなのです!!

ま、

ノウハウコレクターのような、

色んなことに、ちょっとずつチャレンジすることは、

あまり、積み重ねが出来上がらないものでしょうが、

知識としては、

色んな情報に、精通している方が、柔軟な人とはなれるってことなのでしょう・・・(^^)

要するに、

何か一貫性を持って、継続して行ける、ベースとなるものも、

知見を広げて、可能性を広げる為には、必要となるってことですね!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする