コンテンツとは何か??コミュニティ形成までを考慮する!!

世の中には、あらゆるものに、

コンテンツってものが溢れていますよね〜。

また、インターネットや、

テレビや、映画や、ゲームや、書籍や、

はたまた、

仕事の内容や、教材でさえも、

コンテンツと、ひとくくりに呼べるものかもしれません。

要するに、

所謂、

インプットをする為の、

情報って呼ばれるもののことを総称して、

別の呼び方をしたもののことを、

コンテンツと呼ぶものでもあることでしょう。

でも、

これだけ、情報過多となった現代では、

はっきり言って、

自分自身が、望む望まないにも関わらずに、

情報ってものを、インプットしてしまうくらいに、

情報にまみれて生きているのが、現代人の在り方でもあるでしょう。

でも、だからと言っても、

そのまま、情報のインプットに、

巻き込まれながら生きていくのも、

なんだか、

色んな種類の、占い師の予言に、翻弄されて生きているようで、

自分自身の、主体的な行動による、

自己効力感(エフィカシー)が、培われて行かず、

「自分が生きているのか?」

もしくは、

「どこかの占い師によって生かされているのか?」

が、なんだか判断がつかなくなって、

自分自身の人生を生きている実感が、失われてしまうものでもありますよね・・・・・(^^;)

それを踏まえて今回は、

コンテンツとは何か??コミュニティ形成までを考慮する!!

ってテーマに沿って、アレコレ考察して行きましょう!!

スポンサードリンク

コンテンツもコミュニティも、形だけでは、あまり意味が無い。

世の中の、コンテンツって呼ばれるものは、

形だけが存在しているだけでは、全く意義ってものが、存在しません

要するに、

コンテンツであれば、

そのコンテンツの、発信者の、

背景情報(コンテキスト)と、組み合わされることで、

初めて、

在り方として、伝わるものが出てくるものでもあります。

要するに、

自分自身の経験が、含まれていない情報ってものは、

単なる占いと、同じような効果しか、期待出来ないってことなのです。

占い自体は、

はっきり言って、

そのままでは、何の意味合いも、持たないものでしょう。

要するに、

占いってものも、自分自身の経験と繋げて、

行動に変換するからこそ、

体験となり、力を持つものであります。

この事実を踏まえると、

情報ってものは、言葉や、写真や、映像の羅列、

そのままでは、

決して、伝わらない、抽象度レベルの高い領域にこそ、

旨味と言う風な、在り方レベルで伝わる情報が、存在するって認識を、

持ち合わせていた方が、良いでしょう。

情報社会とは言いますが、

結局は、人間、自分自身で、経験したことしか、

理解することが、出来ないものでもありますから・・・・(苦笑)。

それを踏まえて、

現代の、社会構造を、考慮してみても、

自分自身の、経験を踏まえた情報こそ、

キチンと権威付けしておかないことには、

射幸性を煽るだけの、たいした、経験則も踏まえてないような、

誰かの情報を、鵜呑みにしただけの、

ユウタ的情報に、簡単に、踊らされてしまうし、

また、

踊らされた時の、対処法でさえも、

実は、

自分自身の、経験に沿った情報を、権威付けしておくことで、対処出来てしまうってことなのです。

まぁ、

この、上記にあげた、ユウタ的情報に、

踊らされること自体は、決して、

無くなることは無いことでしょうし、

また、

その、踊らされて、行動に移すこと自体が、

自分自身の、新たな、経験を権威付けする為の、切り口を生み出すことでしょう。

前世的に感じる情報ってものは、意味は考慮しなくても良い??

上記の、自分自身の経験則に沿って、

情報を考慮してみると、

どう考えても、経験則に繋がらない情報、

所謂、

前世的に感じる情報ってものも、世の中には、溢れていることでしょう・・・・・。

そのような情報ってものは、

はっきり言って、

情報の、意味ってもの自体は、考慮する必要性なぞありません

要するに、

踊らされて、射幸性を煽られて、

行動に移すこと自体は、本能的なものでもあり、

仕方がない部分ではありますが、

意味自体は、その、行動によって、

自分自身の、確かな経験に沿った、情報を元に、再構築する必要もあるのです。

それによって初めて、

自分の血肉となり、生きた情報として、

人に伝えることが、出来るようになるってことなのです。

大事なのは、ラベルでは無く、中身だと言うことですね。

占い的、ユウタ的情報の、

ラベルには、

変な、臨場感だけが、溢れているので、

それを差し引いた、臨場感ってものが、本物の証でもあるでしょう。

まぁ、その、

変な臨場感過多状態ってものは、

発信者の、無知が、伝染していることでもありますから、

きっちり、

確かな情報と、繋げていくことが、

まともな臨場感に、抑えることにも繋がることでしょうから・・・・(^^;)

鵜呑みしか余地がない情報ってものも危険。

上記に書いた、

前世的に感じる情報とはまた別に、

鵜呑みするしか理解しようが無い情報ってものも、

世の中には溢れていることでしょう。

そのような情報こそ、

実は、占い的効果が、高い情報でもあるとも言えます。

そのような情報は、

噛み砕いて、細分化することや、

別の事例を持って、例えてみることが、

自分自身の、経験則と、関連性を持たす為には、

重要となります。

また、ある意味、

こじつけでもいいから、関連付けておくことが、

情報の、信憑性を、逆に、高めることともなり、

発信者の、解らない領域が、解ることにより、

在り方的に、伝わる情報に、全うな価値ってものが、宿ることにもなります。

勿論、アウトプットや、行動に移すことありきでの、実践的な、全うな価値ですが

ま、逆に、

行動しないと、理解出来ないような情報や

行動することを、促す為の、

ここぞって時の情報は、

鵜呑みするしか余地が無い状態にすることも、

迷いを捨てて、行動的になる為には、大事なことでしょう。

が、全てが全て、

そのような情報だけの場合には、

逆に、情報不足だとも言えますから、

自分自身で補足したり、または、

他の切り口を、求める姿勢も、大事になるってことですね・・・・。

スポンサードリンク

コンテンツに背景を加えることで、集まる人を選ぶ。

コンテンツに、自分自身の経験則による、

背景を加えることで、

そこに形成される、コミュニティの、

中心的な人達を、決定することにもなります

但し、これは、

中心的な人達以外を、排除するってことではありません

ここで言う、中心的な人達って言うのは、

あくまでも、

関係者とか、仕掛け側と言ったような意味合いでもあるでしょう。

だから、

本当の意味での、大部分の人達って言うのは、

普通の人達に当たります。

あくまでも、

中心的な人達って言うのは、

サポート的役割を担うと同時に、コミュニティの、方向性の舵取りを、

一緒に担うような、

受け手でありながら、仕掛け側視点を、考慮した人達ともなるってことですね。

まぁ、はっきり言って、

コミュニティって呼ばれるものには、

そのような役割ってものが、自然と出来上がっているものでしょう。

が、それを踏まえて、

あらかじめ、

中心的な人達の役割を考慮して、

コンテンツを作っていく必要性もあるってことですね。

普通の人達は、

役割には、換えがきくものではありますが、

中心的な人達は、あまり、

換えがきくものではありません

それ故に、

普通な人達は、色んなコミュニティに、

参加しやすいって利点がありますが、

中心的な人達は、

コミュニティを選ぶ手間がある代わりに、

コミュニティ内での、地位や価値を、享受しやすいって利点が存在するってことでしょう。

そのような、

中心的な人達の、役割を明確にする為にも、

コンテンツには、自分の経験則を踏まえた、

背景ってものを、含ませる必要性があるってことですね。

自分の経験則が、理念ってものを創る。

理念って聞くと、

ちょっと大層なイメージを持つものではありますが、

本質的部分を、抽出してみると、

実は、

自分自身の経験則を、踏まえていない理念には、なんの意味合いもありません

何故ならば、

そのような理念ってものを、掲げること自体が、

自分で自分を、コミュニティの隅に、追いやることにも繋がりますから・・・・(^^;)

まぁ、どMな人は、あえて、そのような理念を掲げるのでしょうが・・・(苦笑)。

また、理念を掲げると言っても、

その理念ってものは、

あくまでも、

コミュニティの方向性に過ぎません。

まぁ、

コミュニティでの正解の道筋とも言えるものでしょう。

が、

正解する人ってものは、

そんなに多くは必要無いものでもあります。

その為にも、

普通の人を、考慮に入れて、

正解は、密かに正解するスタンスを、取る必要もあるってことですね。

コミュニティでの、

大部分を占める人達って言うのは、

あくまでも、

普通の人達なのです。

要するに、

少数派としての、自分ならではの経験則を、

踏まえる必要性があるってことですね。

ここでの正解とは、

学校教育的な、テストや問題の正解ではなく、

在り方的正解って意味合いとなります。

だからこそ、

正解すること自体が、

コンテンツから、在り方的価値を、抽出することにも繋がりますから、

自然と、正解するってこと自体の、

情報の抽象度が高くなり、

ある一定数の人達による、独占の構造に繋がるってことですし、

また、

それが、多数派になる=別の正解が出来上がることと、同義だと言うことです。

コミュニティでの、集団心理を考慮すると、まぁ、当たり前でもあることでしょう。

その為にも、

理念や理想ってものは、

抽象的である必要性があり、

それ自体には、

実は、なんら価値や効能は、存在しないってことですね。

大事なのは、

結局は、自分の経験則となりうると。

まぁ、

理念や理想があるからこそ、

普通の人達が、参加しやすいって理由はあるのでしょうが・・・・。

理念や理想の共有は、あくまでも、コミュニティへの参加表明に過ぎない。

理念や理想の共有ってものは、

それだけでは、あくまでも、

そのコミュニティへの参加表明に過ぎません

要するに、

普通の人達として、参加しましたってことに過ぎません。

そこから、

在り方的価値を、享受する為の、

情報を得る為には、

自分自身の経験則を踏まえることが、大事になるってことですね。

それこそが、

結局は、情報をインプットする時の、

仕掛け側と受け手側を、決定的に分ける、

肝の部分とも、なりうるでしょうから・・・・(^^;)

理念や理想は、

あくまでも、

旗印のようなものでもありますから。

勉強で得た知識よりも、

実践で得た知恵の方が、

より強く残るし、また、役に立つってことでしょうね〜。

占いのような知識には、

臨場感だけが、半端なくありますが、

それは、実は、

構造的に、造られたものだと言う認識を、

持っておくことが、必要不可欠かと・・・・。

経験則的に、役に立つ、

構造的に、価値を享受出来るのは、

知識よりも、知恵の方でしょうから。

コンテンツの正解者は、一人の具体的な人まで絞り込む。

コンテンツの正解者は、

一人の具体的な人まで、絞り込むことが、大事となります。

まぁ、はっきり言って、

その提供者と、相性の合う人物像を、

絞り込むってことにはなりますが。

但し、上記にあげた通り、

それ以外の人を、全て排除するってことではありません

また、逆に、

一人の具体的な人にまで、絞り込むことで、

それ以外の、普通の人達にとっても、

正解を導く為の、道しるべともなりうることでしょう。

これは、別に、

正解を、便宜に沿って、書き換えるってことではありません

表面的、心理的には、

そう見えることもあるでしょうが、

自分自身の経験則を踏まえて、権威付けること自体が、

正解を明確として行き、

逆に、取り替え不可能なものとしていくことでしょう。

取り替え不可能であれば、独占するって言うのは、

すごく当たり前な意識でもありますよね??

但し、その、

取り替え不可能って認識自体が、

自分自身の経験則からきている解釈ではあるので、

そっくりそのまま、コピーしても、

人にとって、そこまでの認識が生まれることは、無いことでしょう。

要するに、その人にとっての、独占すべき正解ってものが存在するってこと。

それを踏まえて考慮しても、

何の遠慮も無く、自分の正解は、独占すれば良いってことにも繋がります。

まぁ、だけど、

その正解は、自分の経験則ってものが、

ベースにきている必要性があるのですが・・・・(笑)。

だからこそ、

その正解は、誰か特定の人物や、

歴史上の人物では無く、

人との関係性の中に、存在するってことでしょう。

要するに、

結局は、自分自身だと言うことですね・・・・(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

結局は、人との関係性を構築する為に、

コンテンツってものが存在するってことですね〜。

また、

コミュニティってものは、

人が集まると、勝手に構築されるものでもありますから、

それ以前に、関係者としての役割を考慮して、

中心的構造を、構築しておく必要があるってことでしたよね??

まぁ、参加すること自体は、

理念や理想を掲げると言ったような、

敷居が低いものではありますが、

結局は、

価値を享受する為には、

自分自身の経験を、対価とすることが、重要となるってことですね〜。

簡単に言えば、

体をはるってことや、経験則を権威付けるってことにはなりますが、

自己矛盾と、メンタルブロックの関係上、

権威付け出来る情報には、制限が存在するってことでもありますし、

その事実が、逆に、

正解を導き出すことにもなりうるでしょう・・・・。

またまた、

ちゃんと、権威付け出来た経験則ってものは、

もう、既に、

同じことの繰り返し=正義ともなっていますから、

何のためらいも無く、同じことを繰り返して行きましょう!!

逆にそれが、

自分自身の、価値を享受出来ることを、

増やしていくことにも繋がるでしょうから・・・・(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする