自己投資におすすめな、お金を使うべき概念とは??

お金の使い方や、時間の使い方ってものは、

大事なものでもありますよね〜。

まぁ、その両方ともを含めて、

自己投資と捉えることって言うのが、

大事になることでしょうが。

また、

お金の使い方でもあり、

お金の稼ぎ方ってもの自体も、

お金やエネルギーに対する、付き合い方とも言いまして、

なかなかに、

身近でありながら、奥深い側面を持ち合わせており、

そこへのアプローチ次第で、

自分自身の、人生のクオリティや、人生のステージが、高まっていくものでもあることでしょう・・・・・!!

だけど、よく、

自己投資で言われるのは、

長財布を購入したり、幸運グッズのような、

運気が高まるようなものを購入したり、

またまた、

自己投資の名の通り、

投資して、お金を増やしてくれるような、

資産にお金と時間を使うっていうことに、

当てはまることでしょう・・・・・!!

だけど、実は、

これらの、

人生のクオリティや、人生のステージを高めてくれるような、

お金や時間の使い方には、

自分自身の、

経験側に沿った法則性も、導き出せるものでもありますよね。

それらを踏まえて、今回は、

自己投資におすすめな、お金を使うべき概念とは??

ってテーマに沿って、アレコレ考察していきましょう!!

スポンサードリンク

お金や時間を費やした、概念ってものには価値が宿る。

お金や時間=手間隙をかけた事や、概念っていうものには、

自分自身にとっての『価値』ってものが宿ります。

これは、

自分自身がどういうきっかけによって、

モチベーションが湧いてくるかって事とも、

深く結びついてくる、

意外と、重要な問題でもあります。

例えば、

ゲームを例に出して見ますと、

僕自身にとって、

ゲームを購入する理由っていうのは、

ストーリーに引き込まれる事によって、

ストーリーの続きを知りたいが為に、

ゲームを楽しむ事であったり、

または、

新しい装備を創り出して、

その装備を使う事=堪能すること自体が、

ゲームを楽しむ要因になっています。

だけど、この上記のことは、

何も、ゲームだけに関わらず、

その概念を抽出して、俯瞰して見てみると、

新しい服を買う事や、

新しい電化製品を買う時や、

またまた、

エレキギター等を買う時でもそうですし、

食事をする際にも、勿論、

関わってくるであろう、

ある意味、

ストーリー性や、どういう概念に『フォーカス』するか?

って事が、お金や時間を、

有意義に使う為には、大事になってくることでしょう・・・・!!

情報商材っていうものも、

そのストーリー性や、

概念に『フォーカス』するからこそ、

ただの情報データに過ぎないとは、

解っていても、

わざわざ、お金を払ってでも購入する価値があるものなのです。

まぁ、勿論、

ネット空間での、実践の場が、ありきでの価値観とは言えますが。

要するに、

ゲームのごとく、

そのストーリーに引き込まれて、

その先のストーリーを知りたいが為に、

その情報商材で学んだ事を、

実践していくってことでもあります。

勿論、ちゃんと、

収益が出る構造が無い場合は、

それは、決して、

自己投資とは言えないことでしょうし、

ただ単に、

ストーリーだけを求めるのであれば、

わざわざ、情報商材を購入しないでも、

世の中には、

テレビやアニメや漫画や映画等の、

ストーリー性に優れたものが、無数に存在しますので、

そちらの方が、ある意味、

イイ自己投資ともなることでしょう。

が、ここで肝ともなるのは、

やっぱり、

ただ、ストーリーが良い、悪いって問題じゃあ無く

自分自身の経験でもあり、

自分自身の人生にとっての、

テンションが上がり、地に足が着いた、

当事者感覚の、ストーリーにこそ、

自己投資するべきだってことですね。

ある意味、

その、当事者感覚の、ストーリーってものには、

実践でもあり、体現ってものが、必要不可欠でもあることでしょう。

また、そのような意味合いから言っても、

ゲームとか、楽器演奏とか、スポーツや、筋トレ等の、

実践型の趣味や、

ビジネスのノウハウの実行ってものが、

その、

当事者感覚の、ストーリーをより良くして行くのに、

何かと役に立つって事実があるのです・・・・!!

もっと言えば、

仕事やビジネス等と、そのような、

実践型の趣味の実践から描かれる、

ストーリー性には、親和性があるということですね・・・(^^)

スポンサードリンク

お金の流れが、自分自身の価値観の方向性そのものである。

お金っていうのは、

使う時や、払ってもらう時に、

別に、

自分が意識していようが、意識していまいが関係無く、

自分の価値感を決定付けているものでもあります。

勿論、上記のことは、

ただ単に、払うタイミングや、

使うタイミングだけ、取り繕えばイイと言ったような、

浅はかな、生っちょろい話ではございませんし、

そこで、コントロール出来るのは、

ギリギリの状態の人でもありますし、

また、

コントロールされやすい人は、

お金だけを見るんじゃあ無く、

もっと、

お金の背後の概念を、俯瞰する必要もありますね・・・・(^^;)

要するに、

自分自身の現実で、

より多く、

お金や時間を使ったものや、

もしくは、

より意識的に、

お金を稼いだり、充実した時間をおくれたこと自体が、

自分自身の価値感の中心になるってことですね。

自分自身が、お金や時間をかけたものや、

自分自身の、お金の稼ぎ方や、

時間の過ごし方自体が、

そのまま、

人を通して循環して、自分に返ってくるのです。

だからこそ、

お金や時間をかけるものを、

自覚的に、

自分の趣向に沿って、

選択する事が重要になりますし、

また、

お金の稼ぎ方や、時間の過ごし方自体も、

そのまま、循環して、同じようになって行くことでしょう・・・・!!

上記の事実は、

お金の使い方でもあり、お金の稼ぎ方でもあり、

時間の過ごし方、どこから初めても、

イイ問題ではあることでしょうが、

全てを意識する必要があるってことですね。

まぁ、上記のどこかの部分で、

ある意味、

特化して、自分の趣向に沿ったアプローチが出来れば、

自ずと、その他の部分も、

修正せずにはいられなくなり、

自然と、人生のクオリティでもあり、

人生のステージが、底上げされていくものでしょうし、

意識的に、そう取り組めば良いとも言えますね・・・・(^^)

現実は逃げられないように見える問題ばかりでもある。

上記の事を、踏まえた上でも、

「そんな事を言っても、現実には逃げられないような問題ばかりじゃないか。」

って思ってしまう人も、

世の中には存在する事でしょう・・・・。

そういう人っていうのは、

要するに、

その、「逃げられないような問題」に、

お金と時間を使っているからでもあり、

ある意味、

そのようなマインドでいる方が、

安心でもあり、でもあるから、

そのままの状態を維持しているとも言えますね。

勿論、

全てを変化させる事、

真新しく塗り替える事自体が、

正しいって訳でも無く、

その、「逃げられないような問題」ってもの自体に、

幸福感の元があることも、あるでしょうし、

また、

そもそもとして、

「好きなこと」っていうのは、

経験則に存在しているからこそ、

「好きだ」と言えるって事実も、存在しますね・・・・。

それらを踏まえた上で、

あえて言いますが、

これは、

普段、湧き起こる思考の問題でもあります。

思考っていうものは、

まず最初に、

感情ありきのものでもあります。

要するに、

感情を味わいつくす事=感情を感じきる事が出来ると、

フラットな自分に立ち返る事が出来るようになります。

そのフラットな自分っていう状態は、

要は、

自分の趣向に正直な状態とも言えます。

自分の趣向に正直な状態で、

物事を観ますと、

一見、

プラスの感情が湧く事柄や、

一見、

マイナスの感情が湧く事柄の、

先に繋がるストーリーってものも、

なんとなくですが観えてくる、

要するに、

過去の経験則に沿って、予測しやすくなる、

もしくは、

過去の経験則を意識的、無意識的にも関わらずに、

踏まえる事によって、

先に繋がるストーリーってものを、展開しやすくなる効能も持ち合わせているものなのです。

ここでもポイントともなるのは、

単純に、プラスの感情が沸く事柄が、

お金や時間を使うべきポイントでは無く、

その先に繋がるストーリーってもの自体が、

お金や時間を使うべきポイントだと言えるものでもありますね。

要は、

楽しさや、充実感に繋がるストーリーとも言えますね。

この楽しさや、充実感っていうものは、

決して、

楽をする事だけじゃあ、

得れないものでもある事でしょう・・・・!!

要するに、

一見、マイナスの感情が沸くような事柄の、

奥深くに、自分ならではの、

楽しさや、充実感が、隠れている場合も、ある事でしょう・・・・。

所謂、

『やりがい』っていうものなんだと思いますが、

何故自分が、

『それ』にお金と時間をかける必要性があるのか?

っていう、

自問自答による、深堀自体が、

その『やりがい』ってものを生む事でしょうね・・・・・(^^)

やりがいとか、充実感ってものは、行動で示すもの。

はっきり言って、

お金に繋がるって理由だけじゃあ、

上記にあげた、『やりがい』ってものは、生まれないものでもあるのです。

まぁ、お金に繋がるってこと自体は、

人と共有するには、丁度いい理由にはなる事でしょうが・・・・。

そのお金が繋がる+自分ならではの立ち位置

もしくは、

自分ならではの専門性ってものが、重要になるのです。

要するに、

『自分の軸』って呼ばれるものですね。

この、

他の誰かでは、替わりが効かない、

『自分の役割』ってものを、

どれだけ、追求し、

また、

どれだけ、自覚出来るか?

って事が、

この、『やりがい』とも結びついてくる事でしょう。

また、

この『自分の役割』ってものは、

大まかに言って、

同じような事をしている人達との差は、

微差でいいし、ミクロの違いでもいいのです。

何故ならば、

その方が、

人には、いい意味で、

『違い』として伝わる事によって、

キッチリと、専門性の住み分けも、成される事でしょうね・・・・(^^)

また、

この微差っていうのは、

要するに、

安さや、楽さにお金や時間を使うよりも、

一見、

高さや、めんどくささを感じる事であっても、

その先のストーリーに、

楽しさや、充実感に繋がりそうな、

『やりがい』の種を見出す事が出来たならば、

『そこ』にこそ、お金や時間を使うべきって事ですね。

まぁ、現実には、

高くても、しょうもなく感じるようなことも、

その個人個人の適正によって、無数に存在するでしょうから(苦笑)、

そこは、値段で選択するよりも、

自分自身の適正を、信じる方が、

何かと無駄にはならないことでしょうし、

また、

お金や時間を使う際には、

意識的に、『やりがい』ポイントを意識する方が、

いい自己投資にはなることでしょう!!

またまた、

この、『やりがい』に繋がりそうなストーリーっていうのには、

現時点では、

実用性は考えなくてもいいのです。

ただ、

自分の適正に、誠実であればいいってことですね。

これは、

『やりがい』を持って、

行動する事によって、

実用性とは、勝手に結びつくからでもありますし、

それによって、

意識的に、実用性がある、

仕事やビジネスといったような、

お金の稼ぎ方にも、反映していくことが、望ましい、

自然な循環ともなることでしょう・・・・・!!

要するに、

新たな『ゲシュタルト』が、

自分の中で生まれる瞬間でもありますね。

要するに、

お金や時間をかけた『やりがい』に、

結果的には無駄は無いってことですね・・・・(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

ゲームを買う時は、世界観や、グラフィックの見た目ってものや、

システムってものの魅力が大事ですし、

また、

食事の場合でも、

店の雰囲気や、自分の好みってものが大事になることでしょう。

お店の選択基準で言いますと、

どちらかというと、

店の雰囲気>自分の好みかもしれないですね。

雰囲気は好みを超越しますし、

普段、

家では食べないものまで美味しく感じてしまうものでもありますね・・・(苦笑)。

この雰囲気ってものも、

世界観であり、

その先の『やりがい』のあるストーリーを創造するものであります。

要するに、

『やりがい』に繋がりそうなストーリーに乗せられたら、

意識的に、自己投資するべきだってことですね。

まぁ、結局は、

その、『やりがい』ってもの自体が、

自分の経験則や、好みとも繋がってくるものでしょうから、

正に、

自己投資足り得るってことではありますが・・・・(笑)。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする