自分軸で生きる為に、必須!?いまここという概念理解!!

6764c69c372455942d4a7b78cd9536f3_s

自分軸で生きていくことが、

人間関係や、仕事等で巻き起こる、

色んなしがらみを解消していく術だと言われています。

が、

ざっくりと、自分軸って言っても、

ちょっと概念の想定範囲が大きすぎて、いまいち、明確化出来ないってものでもありますよね・・・・・・。

今回は、それを踏まえて、

自分軸で生きる為、またまた、そもそもの、

自分軸って概念を理解する為に、

最初に理解しておくべきな、いまここっていう概念について、考察して行こうって思います(^^)

スポンサードリンク

そもそもの、いまここって概念とは??

question-mark-1495858_1280

例えば、

過去になにかマイナスの感情を受け取った体験、トラウマなどがあったとする。

これは勿論、

人が誰しも持ち合わせている、自我ってものの性質なんだと思いますが、

そのマイナスの感情を受け取った体験は、

そのシチューションや、周りにいる人が、全くの別の人だったとしても、

その受け取った現実に反応して、自動反応的に、繰り返してしまうものでもあるのです。

また、多くの場合、

マイナスの感情や、トラウマからくる、自動反応ってものは、

所謂、

メンタルブロックとも呼ばれるものでもあるので、

向上心がある人ほど、避けたがる、もしくは、誤魔化したくなる傾向があります

だけど、人生には、

そのマイナス感情や、トラウマに関連してくるシチュエーションだと、

事前に、予測が出来て、かつ、

事前に、回避することだって出来るでしょうが、

自分だけの責任では、回避仕切れない場面も、多々存在することでしょう。

またまた、
そのマイナス感情や、トラウマに関連するシチュエーションってものは、

その感情や、それによって起こる、自動反応自体も、

自分自身の一部だと、認識出来るまで、

形を変えて、何度でもやってくるとも言います。
まぁ、実際には、自分が勝手に、反応しているだけでもあるのですが・・・・・(苦笑)。

要するに、

「受け入れるとか、赦すってことが、必要になります。」

その為に、必要な理解ってものが、

いまここって概念理解なのです。

いまここって概念の、活用方法。

いまここって概念の、活用方法なのですが、

いまここ、この瞬間の、

自分の感情に、反応的に動いてしまうんじゃなく

あくまでも、

意識は、いまここに置いておくように心がけて、

自我の基本反応でもある、善悪の概念を、

とりあえずは、脇に置いておく必要もあります。

自分自身の感情が、

プラス、マイナスどちらにせよ、感情を俯瞰して見守る事が大事なのです。

そもそもの、俯瞰とは??

a4d2fbfdb69c08258e0abb009e9ad696_s

そもそもの、

俯瞰とは、自分自身の感情を、

「こんな現実の時に、こんな感情が湧き起こった。」

とか、

「こんな現実の時に、こういう反応を咄嗟にしてしまった。」

等を、

メモしていったり、観察することにより、

自分自身の自我を見守る意識ってものを、自覚するサイクルのことなのです。

だから、

一般的に、俯瞰の意識ってものは、

瞑想によって、培っていくものなのですが、

いまここの概念理解をすることで、

どんな時でも、どんなシチュエーションでも、俯瞰の意識を、活用出来るようにはなれるのです。

また、

俯瞰する事によって、感情の解放(感情の受け入れ)を起こす事になるのです。

要するに、

その感情が、プラスの感情かマイナスの感情かどちらにせよ、

俯瞰して手放す事が、潜在意識を活用する為に、大事になるということです。

スポンサードリンク

俯瞰することの利点。

俯瞰することの利点は、

上記にあげた、潜在意識を活用する術ではあるのですが、

もっと、明確にしていくと、

マイナスの感情の場合は、その感情を手放せる事によって、

自動反応による、マイナスの感情が循環してしまうような、

悪循環な現実を作ってしまうのを、事前に回避する事ができるでしょうし、

プラスの感情の場合は、

一見、そのまま行動したらよいようにも見えますが、

実は、その感情を手放す事によって、盲点(スコトーマ)に隠れていた、

メンタルブロックが見える(感じる)ようになり、

そのメンタルブロックを意識することにより、

自然体で行動していけるようになれるのです。

要するに、より、客観性がある、言動が出来るようになり、人にも、受け入れられやすくなる

また俯瞰を繰り返し、行う事が、習慣となってくると、

心の感受性や、共感力が高まって、

より自分の感情を、客観的に、人に伝えやすくなるし、

また、

人の気持ちさえ、客観性を持って、表現する能力が、培われるのです。
あくまでも、客観的ですので、本心は、本人だけしか理解不能ではあるでしょう

hands-1063442_1280

まとめとして。

俯瞰のプロセスを知って、

いまここの概念を、すんなり理解することは、出来たでしょうか??

あまり難しく考えずに、

そもそもとしては、

なにか感情を受け取ったときに、体のどこかに、痛いとか、熱いといった、

反応が、なにかしらあるはずです。

簡単に言えば、

その反応を、見守る意識が大事なのです。

その体の反応自体を見守る意識のことを、俯瞰の視点というのです。

この俯瞰の視点は、

なにか作業をしている時でも、行うことが出来ますし、

人生をよりよくする為の、本質でもありながら、

最初の第一歩ともなる、普遍的なものなのでしょう(^^)

最後にまとめてみますと、

俯瞰の視点によって自然体で、充実感を見出して行動していくっていうのが、

僕にとっての、

いまここ、この瞬間の、自分軸だということですね・・・・・・(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする