自己投資の意味を深堀して、その種類を考察する!!

自己投資と言うと、

所謂、

普通の投資とか、投機にも関わってくる概念ではありますが、

どちらかと言えば、

投機の方は、ギャンブル要素も多いに含まれるものでもあり、

かつ、

投資の方は、長期的視野の元に、お金を増やしていく手段のことにも、

当てはまってきますね〜。

まぁ、

投機は、結果が早く決定するものでもありますが、

ある意味、

投資の方と同じように、

長期的視野の元に、お金を運用して、

目先の結果に執着し過ぎないことが、

結果的に、儲けていく在り方でもあり、

その、メンタルコントロールこそが、

その手段であるとも、されていますよね・・・・・。

だけど、こと、

自己投資となると、

その投資先って言うのは、

勿論、長期的視野に基づいたものであることが、

ふさわしい投資先とは言えますが、

一概に、

お金に直接繋がることだけが、その、自己投資先とも、言えないものでもあるのです。

要するに、

今現在からの視点や、過去の経験や、

過去の事例からの視点から観て、

一概に、

利益に直接繋がるものだけが、その、自己投資先とは、言えない事実も存在するのです・・・・・!!

まぁ、

長期的視野に基づいて、

利益が発生すること自体が、

ビジネスでもあり、投資とも言えるものでもありますから、

直接的に、利益に繋がらない投資先であったとしても、

過去の自分自身の経験則を踏まえて、

一種の、利益足り得るまで、追求していく覚悟ってものも、

自己投資足り得る為には、

必要ともなることでしょう・・・・・!!

要するに、

お金や時間をかける物事を、

経験則と関連させて、抽象度を高く、定義するってことが、

その覚悟にも、当てはまってくることでもあるでしょうね!!

でわでわ、一体、

そのプロセスには、どのようなことが、

肝ともなり、どのように展開していけばいいのか?

ってことが、問題ともなることでしょうから、

今回は、

自己投資の意味を深堀して、その種類を考察する!!

ってテーマに沿って、アレコレ考察していきましょうね・・・・(^^)

スポンサードリンク

大きく分けて二種類存在する、お金の使い方。

お金や時間を何に使うか?って事は、

すごく大事な事ですね。

何故ならば、

自分の人生、自分の現実を、どういう事柄を中心に展開して行きたいか?

を、

自覚が在る、自覚が無いに関わらずに、

決定しているからです。

単純に、

自分の現実が、

極端に変わるんじゃあなくて、

自分の『価値観』が変わる事により、

物事の見え方が変わってくるんですね。

『価値観』が違う人達が、

同じ現実、同じシチュエーションに遭遇しても、

この『価値観』の違いによって、

『捉え方』が違ってくるのです・・・・!!

スポンサードリンク

価値観が変わることにより、世界観が変わる。

自分の望む現実を、手に入れる為には、

そもそもとして、

世界観ってものに、変化を起こす必要性があります。

だけど、

世界観って言うと、

多くの人は、周りの人たちとか、

大多数の人たちと比べて、

極端なことをしたり、

所謂、普通と定義されるような行動から、

逸脱して、反発すること自体が、

新しい世界観を、構築する術だと、

普通は、認識してしまいがちではありますが、

実は、そうではありません

自分自身の、世界観ってものを、

変化させ、進化させていく為の、

最初の第一歩っていうのは、

実は、

この『捉え方』の違いでしかないのです。

捉え方ってものに、

変化でもあり、進化の種が、存在するってことなのです。

でも、

人っていうのは、

周りの人の『在り方』や、

環境的な構造から、誰しもが、

少なからず、影響を受けるものでもあります。

要するに、

確固たる、自分の『価値観』が無いと、

簡単に、

周りと同調してしまうものなんですね。

その確固たる、自分の『価値観』を持った、

『在り方』を創る為に、

お金や時間を、

自分の趣向に合った、

自分にとって響くものに、より意識的に、

使い続ける必要性があるっていう、事実のことを、

申しています。

そういう視点で、

世の中の、

お金や時間を使う物を見ると、

その支払いや、手間隙をかける対象っていうのは、

マイナスのイメージが湧き起こるものと、

プラスのイメージが湧き起こるものに、

大まかに言えば、

分かれることでしょう・・・・・。

ざっくりと、価値観とは言っても、人それぞれと言う認識も必要。

上記にあげた、

マイナスとプラスのイメージっていうのは、

同じようなイメージを抱く人も、

勿論、

存在して当たり前なことでしょうが、

基本的に、

自分独自のものって認識というものも、

自分自身の世界観に、革命を起こして行く為には、必要ともなることでしょう・・・・・!!

この事実を、かいつまんで、

シンプルに表現してみれば、

要するに、

「自分だけが、そのイメージに答える事が出来るもの。」

って程まで行って、丁度良いって認識が必要だということです・・・・!!

で、勿論、

そのプラスのイメージが湧き起こるものに、

お金や時間を使う際の意識ってものも、

大事になることでしょう。

これは、

在る意味、

直感とか、直観とも、表現出来るものではあることでしょうが、

お金や時間をかける対象っていうのは、

勿論、

事前的な、前情報的な段階と、

実際に、お金や時間をかけている、当事者意識の段階で、

自分自身にとっての、

プラスのイメージとマイナスのイメージっていうものを、

感じ取る事が出来うることでしょう。

まぁ、時間をかけるだけだと、

どちらかと言えば、

何の感慨もないような、

プラスともマイナスとも言えないような、イメージを受け取る行動も、

中にはあるでしょうし、

またまた、

その上記の事実が、逆に、

プラスのイメージが、湧き起こるトリガーとなったり、

マイナスのイメージが、湧き起こるトリガーともなりうることでしょうね・・・・。

この、上記のイメージのパターン性、

どの場合にも、当てはまってくることでしょうが、

別に、誰かに、宣言する必要性も、

この時点では、あまり、無いことではありますが、

自分自身で、素直に、率直に、

自分自身の、パターン性を、把握しておくことっていうのは、

結構、大事なことになるでしょうし、

また、

現時点での、自分の趣向でもあり、

価値観ってものを、認識する際には、

貴重なデータともなりえます。

これは要するに、

自分の今までの人生での、

体感データによる、パターン性とも言えるものでもありますね・・・・・!!

要するに、

自分自身の感情が動くパターン=自分自身の自我の適正とも、

言えるものでもあるのです。

それは、

一見、前情報的な段階で、

マイナスの感情が湧き起こる事の中にも、

プラスのイメージに繋がるものもあるし、

プラスの感情が湧き起こる事の中にも、

マイナスのイメージに繋がるものが、

誰しもにも、存在してくることだと思います・・・・・。

またまた、

プラスの感情そのままに、

プラスのイメージに繋がるものもありますし、

マイナスの感情そのままに、

マイナスのイメージに繋がるものも、発見することが可能なことでしょう!!

自分自身の趣向、自我の流用性を知る。

自分自身の趣向とか、自我の流用性ってものを、

知ることって大事なことですね。

要するに、

自分の趣向に沿って、

自覚的に、

普段から、

お金や時間をかけるものを選択する事が重要となるってことです。

まぁ、お金や時間をかけるってこと自体が、

要は、

「生きる。」ってことそのものでしょうから、

選択するとは言いましたが、

目の前のことに、自分の趣向とか、

自我ってものを、活用するってこと、そのものにも、

当てはまることでしょう・・・・・!!

また、これは、

決して、

値段を見て、

高い、安いだけで、お金を使うことだけじゃあなくて、

自分自身が、普段お金を使っている、

日用品とかでも、

安さだけでお金を使うんじゃあなくて、

この『直観』に従う事って大事になるということです。

またまた、

贅沢品を購入したり、普段行かないような、

リゾートに行ったり、高級なサービスを受けることっていうのは、

その、別世界にいる間は、

無論、世界観に、変化が訪れるものでしょうが、

自分自身の、人生の世界観に、変化でもあり、進化をもたらすのは、

それ、そのものでも無いことでしょう・・・・・。

要するに、

普段の価値観ってものが、

肝要となるということです・・・・・!!

その為にも、

その、高級な世界観に、

飲まれるだけでもなく、その、高級な世界観の中での、

自分自身の趣向でもあり、自我のパターン性の方が、

普段からの価値観に、

変化でもあり、進化を促す為には、大事となるということです。

都合のいい捉え方ってものは、自分の世界観を創造する。

上記にあげた『直観』は、

自分の趣向に沿った、現実の『捉え方』をもたらします

それっていうのは、

多分に、自分自身にとって、

非常に、都合のいい捉え方ではあることでしょう・・・・・。

だけど、

そのような、ある意味、

一見、お花畑が咲いているかのような、

都合の良い捉え方ってものこそが、

自分自身の幸福感とも繋がりますし、

自分自身をまず満たす『捉え方』ももたらす事実もあるのです・・・・・・!!

だからこそ、

世界観とか、捉え方ってものは、

人それぞれだという認識も、持ち合わせる必要性もありますし、

また、

人と同じだという認識だと、

まだまだ、

常識の範囲内に過ぎなくて、

自分独自の世界観としては、物足りないという認識も必要です・・・・(^^;)

要するに、

きちんと、特化でもあり、差別化できていないような、

世界観では、

「まず、自分を満たす。」っていう、

価値創発に必要な、第一段階の、

アクションを満たす際に、まだまだ、

敷居が高い状態でもあり、

行動エネルギーの、省エネが、なされていないっていう認識でもありますね・・・・・。

どんなシチュエーションであっても、

いまここの、自分自身の幸福感を満たす事って、

とても大事なことでもあります。

何故ならば、

それだけで、

人の『自己重要感』を満たす事が出来る、

機嫌のいい『在り方』を創りだせるからなのです。

太鼓持ちとか、おべっか使いのような、

よいしょをしたり、営業トークをする場合でも、

計算でどうこうすることっていうのは、限界が存在します

要するに、

この、

機嫌のいい『在り方』っていうものの方が、

人にはいい影響を与えますし、

そのレベルから、

経験則を踏まえて、計算する方が、何かと再現性もあるものでもありますね・・・・(^^)

計算が必要であるとすれば、

機嫌のいい『在り方』を創り出す為の計算が必要なのです。

その為にも、

自分の趣向に沿った物や、事柄に、

お金や時間を自覚的に使う習慣ってものこそが、

とても、大事な経験ともなりうることでしょう・・・・!!

お金や時間を使うのに、

マイナスのイメージが繋がるものっていうのは、

罪悪感や、仕方がないっていうような、

あきらめに似た感情であり、

イメージに、繋がりガチでもあります。

でも、その、

マイナスのイメージってものも、

なんとはなしに、同調圧力でもあり、

環境や構造から受け取るイメージってものを、

なんとはなしに、そのまま流用しているだけに過ぎません

そのイメージを書き換えることが出来うるのは、

自分の趣向に沿った、

好奇心であり、

概念に『フォーカス』を向ける事でもありますし、

それを踏まえた、微差の行動こそが、

自分自身の世界観を、構築していくものなのです。

お金や時間を使った、

好奇心や、概念は、

自分の『価値観』に沿った、

現実の『捉え方』をもたらすものなのです。

その『捉え方』を、

微差の行動の積み重ねによって、追求していくことが、

『それ』に沿った現実=世界観を引き寄せるってことになるってことですね・・・・(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

お金や時間を使う対象に対する、

自分の満足度、または、自分のプラスのイメージっていうものは、

自分自身が、人に提供出来る、

満足度や、プラスのイメージと正比例するのです。

自分自身さえも満たせないのに、

人を満足させたり、プラスのイメージを与える事なんて、

一見、謙虚のように見えて、

実質的には、とても、

おこがましい事でもあることでしょうし、

それは、卑下慢(ひげまん)という、一種の傲慢さでもあります・・・・・。

それを踏まえて見ても、

やっぱり、自己投資として、

プラスのイメージが湧くものにこそ、

お金や時間を使っていくことが、大切になるってことですね・・・・(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする