独学する為の資格とは何か??その向かうべき所とは??

一般的に、勉強もそうですし、

またまた、

学ぶってことに、フォーカスを当てていくと、

勿論、

先生や、メンターって人が、

存在した方が、何かと、

次にやるべきことを、

指示してくれたり、示唆してくれることで、

サクサクと、お手軽かどうかは解りませんが(苦笑)

行き詰まりを感じることなく

その、勉強でもあり、学びってものを、進めて行けるものではありますね・・・・・。

だけど、

たとえ、先生や、メンターと呼べるほどの人が、

存在していたとしても、

実質的に、

自力をつけたり、学びを深めていく為には、

独学と言うものでもあり、

自習ってものが、欠かせないものでもあることでしょう・・・・・!!

まぁ、

学校教育の場合だと、

宿題とか、予習・復習ってものが、

その、独学に、当てはまることにはなることでしょうが、

勉強とか、専門分野の場合だと、

その、独学ってものを、

先生や、メンターから、宿題として、

指示とか、示唆される場合も、あることでしょうが、

こと、

その、予習・復習ってものが、

ビジネスのような、

利害関係が、絡んでくるような形態となったり、

また、

自分自身でこそ、自分自身ならではの、

背景を踏まえた、

「人生の方向性」を、決定付けていくような、

覚悟も必要な選択が、

そこに、絡んでくることにもなると、

中々、

そのような事柄を、

わざわざ、

人に宿題として、出すこと自体が、難しくもあり、

またまた、

その、先生や、メンターとしての、

立ち位置としても、

自分自身の背景でもあり、経験を踏まえていないことには、

その言葉や、指示自体にも、

なんら力ってものを、発揮出来ないものでもあるのです・・・・・!!

それらを踏まえて、

今回は、

指示する側でもあり、示唆する側は、

勿論のこと、

自発的に、独学ってものを、推し進めて行く為にも、

独学する為の資格とは何か??その向かうべき所とは??

ってテーマに沿って、アレコレ考察して行きましょう!!

スポンサードリンク

インターネットのおかげで、独学ってものが、より一層、しやすい時代になった。

インターネットが無かった時代は、

本とか、テレビとか、人から話を聴く事でしか、

新しい物事のイメージや、概念を知る機会自体が、存在しなかったことでしょう。

本とか、テレビとか、人から話を聴く事で、

自分の現実に、新しい知識や、概念や、

イメージを取り入れる事で、

自分の未来の可能性を広げていたのですね。

もちろん、

自分で体験する事が、

本当の意味で理解する為、

腑に落として理解する為には、

必要不可欠な手段でもあったことでしょう。

でも、そのような、

インターネットが存在しなかった時代でも、

その、自分の未来の可能性を、

広げていくのが、得意な人と、

不得意な人っていう、

2種類の人が存在していたことでしょう・・・・・。

前者の人達は、

要するに、

自分自身の体験と、

新しく見聞きした物事を、

関連さすこと自体が、上手い人達ですね。

また、もう一方の、

後者の人達は、

要するに、

新しく見聞きした物事を、

そのまま、

新しい物事として体験する人達でもあるのです。

この『両者の違い』っていうのは、

自分自身をどれだけ掘り下げれているか?

の違いでもありますし、

要するに、

予習・復習という風な、

独学のスキルのレベルの違いだとも、

定義することも、可能であることでしょう・・・・・!!

スポンサードリンク

独学のスキルを磨くには・・・・??

上記に書いた、

独学のスキルってものを、磨くってことは、

要するに、

自分自身を知る=己を知るってことに、

当てはまってくることでしょう・・・・・!!

だけど、

たとえ、独学のスキルが高い人であっても、

なんでもかんでも、御構い無しに、

自分自身の体験に繋げれる人っていうのは、

存在しないって認識も必要です。

独学のスキルが高い人達っていうのは、

自分自身の、好奇心の在り方ってものを、

腑に落としている人達でもあり、

また、

自分の体験した事を、

細かく、

『ミクロの視点』と言えるくらいまで、

噛み砕いて、把握している人達のことでもあります。

この『ミクロの視点』っていうのが、

結果的には、

独学を深めて行く為には、キーポイントともなることでしょう。

なんでもかんでも、

目につくもの、片っ端から、

細かい所まで理解する必要性なんてものは、

何処にも存在しないことでしょう。

けれども、

自分自身が、興味のある事や、

自分自身が、得意な事や

またまた、

自分自身が、「好き」って言えるほどの事柄であれば、

その他大勢の、

普通にしている人達よりも、

勝手に、

細かく、拘りを持って、

『ミクロの視点』まで、追求していませんか?

またまた、

細かく、拘りを持ってと言うと、

一見、

完璧主義的な、ロボットや機械のような、

イメージを、保持しがちではありますが、

この、『ミクロの視点』ってものは、

決して、

それだけを差しあらわすのではありません

もっと言えば、

自分自身にとっての、丁度良さってものが、

存在することでしょう。

またまた、

ざっくりと、ゆるりと独学すること自体にも、

その、バランス配分ってものが、

存在することでしょうし、

その、バランス配分を保つ為、

もしくは、

再現する為には、

要するに、

『ミクロの視点』から、整えて行くことも、必要とも、なって行くものなのです・・・・・!!

要するに、

機能的価値とか、物事の、

抑えておくべきことを、当たり前に抑えていく為にも、

それ以外の、付加価値ってものに、

目を向けていき、

整えていく手段に、長けて行く必要性があると、

言うことでもありますね・・・・(^^)

自分自身の趣向を、ミクロな視点から腑に落とす重要性。

自分自身が、

自然と、細かい所まで、

追求していってしまうような事柄を、

独学を通して、把握しておく事って、

大事な事でもあり、

はたまた、

色んな事柄に、応用出来るものでもありますね・・・・(^^)

自分の好奇心の、パターン性を知るのです。

そういう、

自分自身が、自然と、

細かい所まで、

追求していっていまうような事柄っていうものは、

決して、

普段から、何事にも細かいから、

その習慣でもあり、習性で、

細かく観るってこととは、

また違った、別次元の問題でもあります。

要するに、

細かい所を観るのが上手いから観るって事じゃあ無いことでしょう。

勿論、

結果的には、

自分自身の、趣向に沿った事柄に対しては、

人より、細やかな視点を、持ち合わせるようにはなることでしょうが・・・・。

要するに、

自分自身の趣向を、

物事に反映させていくことに、

貪欲となり、

細かい所まで掘り下げてしまう、

モチベーションでもあり、衝動を、

自分自身で無自覚に、排除しないってことでもあります。

「好きこそ物の上手なれ」

っていう、

ことわざがありますが、

その、利点ってものを、

これまた、

ミクロの視点に噛み砕いて、考察して行くと、

「そういう事。」なのです。

興味があるから、

または、

好きだからこそ、

細かい所まで、勝手に追求してしまうのです。

または、

興味が出るのが解るから、

または、

好きになれるのが解るから、

細かい所まで、自覚的に、追求して行くのです。

そのモチベーションであり、

衝動が、

障壁や、行き詰まりを打ち負かして、

成功の為の、小さな突破口を、開いていくことでしょう・・・・!!

そして気が付けば、

普通の人よりも、上手くなっていると。

要するに、

モチベーションや、衝動があれば、

結果は、勝手に付いてくると言うことですね・・・・(^^)

人には、理解出来ないほどの微差ほど、専門性が出る。

上記に書いた、

自分自身が、自然と、

細かい所まで追求してしまうような事柄って、

普通の人からしたら、

あまり気が付かないものでもあることでしょう・・・・。

これは、

視点でもあり、

そもそもとして、

趣向ってものが、違うからでもあります。

またまた、

細かく、ミクロにしていけば行くほど、

個の趣向の違いってものが、

より、浮き彫りともなることでしょう・・・・・!!

細かい所まで自然と追求出来てしまうって事は、

その点に関しては、

人より、きめ細やかな視点を持っているとも言えます。

こういう視点っていうのは、

マニュアル通りのノウハウや、

みんな同じっていうような環境では、

安易に、使い勝手が良く、統合されてしまい、

残念ながら、黙殺されガチなものでもあります。

でも、

これだけは言っておきますが、

人の対応や、人の認識がどうあれ、

『そこ』に、確かに、

自分自身の心は、動かされると言う事実を、

心に刻んでしまいましょう・・・・・!!

『そこ』に、自分自身で気付き、

概念を理解し、どんな時でも追求し、

自分の利点として、

人に提供出来る事が出来ると、

例え、

初めてするような事柄の中からも、

『そこ』と関連する概念を発見出来るものでもありますね・・・・(^^)

だからこそ、

機能的価値とはまた別の、

付加価値と、呼ばれるものではあることでしょうが、

付加価値であるが故に、

他の機能的価値にも、流用でもあり、応用が可能であると言うことです。

要するに、

ある一定の、環境でもあり、

機能的価値に、付随する専門性では無く

色んな環境や、

機能的価値に対する、普遍性も、

持ち合わせることが、可能なものでありますね・・・・・(^^)b

これが要するに、

独学のスキルが、高い人でもあり、

自分の未来の可能性を、広げていくのが得意な人でもあることでしょう・・・・!!

体験することが大事ではあるが、自分の経験との関連性ってものを、侮ってはいけない。

勿論、独学としては、

何よりも、体験したことってことが、

力とはなることでしょう・・・・・。

が、

物事の全部を、全部、

体験、経験しなくても、

理解度を高める手段って言うのも、

勿論、存在することでしょう。

「やってみなければ解らない。」

っていうのも、

一つの真理だとは思います。

でも、

その論理だけじゃあ、

犯罪や人殺しを、本当の意味で、

腑に落として理解しているのは、

犯罪者や、人を殺した人だけになってしまいますよね??

まぁ、ここで言う、

腑に落として理解するってことは、

簡単に、再現可能であると言う、意味合いにも、

関連してきますし、

犯罪者や、人殺しの在り方に、自分自身もなってしまうと言うような、

行動ベースの在り方でのことではありますが・・・・・。

要するに、

行動ベースの在り方ってものには、

その行動に付随する、メンタルブロックでもあり、

マイナス要素ってものが、

必ず、つきまとうものでもあるのです・・・・・!!

だからこそ、

「自分を知る。」

「己を知る。」ことによって、

自分自身の、メンタルブロックでもあり、

マイナス要素ってものを、熟知することによって、

自分ならではの、対応性を、磨いていくことが、大事になると言うことです。

またまた、

何か、訳のわからない所からきたようにも感じる、

マイナス要素に追われるのは、

なんだか、釈然としないものでもありますし、

それ故に、

モチベーションを、削がれる側面も、ありますよね・・・・・・(^^;)

それよりも、

自分自身を深く理解する事によって、

自分の趣向に沿って、新しい物事に挑戦したいものです

どうせなら、

自分自身が苦しむやり方よりも、

自分自身が喜ぶやり方で、何事もしたいもんですよね〜(笑い)。

自分の趣向を深く知れば、

それは可能でしょうし、また、

自分の熟知した、メンタルブロックでもあり、

マイナス要素から関連すると、

たとえ、訳のわからない所からきた、

メンタルブロックでもあり、マイナス要素だったとしても、

受け入れやすくなる側面もあるって言うことです・・・・(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

自分の趣向に沿った、

『独学』のやり方を、キチンと形にする事って大事です

またまた、

そのやり方の概念が、

破綻するような趣向の人とは、

距離を置くほどの覚悟ってものも、

独学を続ける為には、必要となるでしょうし、

その方が、

その独学は、捗るものでもあることでしょう!!

人の趣向を批判するのは、

NGですが、

自分の概念の為には、

時には真っ向から戦う姿勢も大事なことですね。

ただし、

その戦いは、

趣向の良さを競う戦いでもあり、

趣向の住み分けを、推し進めていくような戦いで、

在りたいですね・・・・(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする