決断力を鍛える為には、ストーリーテリングが必須!!

決断力って言いますと、

基本的には、

行動にはつきものでもありますし、

また、

行動そのもののことを、決断力と指す場合もありますね・・・・・。

だけど、

何か、組織の方針を決定するときにも使われる、

この、決断力って概念ですが、

またまた、

何か、今まで、とったことの無い行動をとる際には、

基本的には、

やらざるを得ない環境でもあり、

ストーリーを自作自演で演出し、

自分自身を追い込むことで、

簡単に、

決断そのものは、出来るものではあるでしょうが、

それだと、

中々、

自分自身の納得が追いつかなくなり、人生の主導権を、失いガチにもなりかねないものでもありますね・・・・(^^;)

でわ、一体、

どのようにすれば、自分自身の納得を得ながら、

決断力を発揮していけるものなのでしょうか??

その答えは、

ある意味、

自分自身の、占いの型を創造するとも言えますし、

また、

その、占いの型を創造する為にも、

便宜に沿っていながらも、

なおかつ、

自分の在りたい在り方を、裏切らないような、

一本の軸に沿ったストーリーを、創造する能力が、問われるものでもあるのです・・・・・・!!

それらを踏まえて、

今回は、

決断力を鍛える為には、ストーリーテリングが必須!!

ってテーマに沿って、アレコレ考察していきましょう!!

スポンサードリンク

決断力とは、自分を定義する力。

決断力とは、かいつまんで言うと、

「自分を定義する力。」とも言えるものでしょう。

これは、要するに、

自分で現実の解釈を繋げて行き、

一つのストーリーを創り出す事=決断力を発揮する事とも言えます。

そのストーリーの大元っていうのは、

勿論、

自分自身が、体験した事が元になっている必要性があります。

だけど、

そのそれぞれの人々により、

過去に経験したことって言うのは、

細かく見ていけば見ていくほど、

様々な指向性が存在しており、

元々、

一つの方向性に、統合されて、見えるものでも無いことでしょう・・・・・。

またまた、

人っていうのは、

自分自身が体験した事でさえも、

案外、

人に教えれるレベル、人が理解出来るレベルで、

説明出来なかったりもするものです。

人には上手く説明出来ないけれども、

人の『在り方』は変える事は出来ないけれども、

自分はなんとは無しに出来るっていう人っていうのが、

世の中の大半の人でもあることでしょう・・・・・!!

が、

それでも、

結果を出し続けている人っていうのは、

その結果を出せる『在り方』を身に付けている=当たり前になっているので、

なんとは無しに、再現可能でもあり、

また、

その占いにも見える型によって、

一緒に行動する人を『在り方』で引き上げる事が出来るものでもあるのです・・・・!!

ただし、

その人に気に入られる事=その人の相場でもあり、

市場に合わせること前提の話にはなりますが・・・・・。

その結果を出し続けている人っていうのは、

それだけ、

自分の『在り方』でもあり、

相場感でもあり、市場感に、シビアだからこそ、

その『在り方』が当たり前になっているとも言える事実も、

存在するのです・・・・・!!

まぁ、上記で、

占いのような型と言いました通り、

端から見たら、なんとは無しに、

見えないことも無いことでしょうが(苦笑)、

その型を維持する為に、

陰ながらの努力や、環境を調節することが、必要となっていると言うことです。

在り方を整える為に、必要なこととは??

『在り方』っていうのは、

自分自身の、行動によって変える事が出来ます

また、

普段から、

付き合っている人や、環境そのものからも、

少なからず、影響を受けるものでもあります。

そう考えていくと、

なんだか、

すごい、シビアな制御でもあり、

コントロールが必要にも見えてくるでしょうが、

あくまでも、

上記にあげた通り、

占いの型のようなものでもあり、

ある意味、

フワっとしたものではあります。

だからこそ、

人をコントロールして、整えていくものでは無く、

環境や、自分自身をコントロールして、整えていくものでもあり、

また、

それでこそ、無理がかかる、

泥臭い努力では、その反動も、半端なくなることにより、

在り方は、結局、変化することは無いことでしょう・・・・・。

要するに、

人にフォーカスを当てて、見ていけば、

人との関係性でもあり、関わり方の問題ともなってきます。

また、関わり方となると、

その、方針ともなるべきものが、必要にもなってくることでしょう。

その方針ってものは、

結局は、

自分自身で定義しないことには、

なんの意味合いも持たないことでしょうし、

また、

人から簡単に、具体的に、定義出来るものであっても、

色々と、弊害が出るものでもあることでしょう・・・・・。

要するに、

在る意味、

誰にも干渉させない、絶対領域にも当たる、

自分軸のコアってものを、

確立させる必要性があるってことなのです・・・・・!!

そのコアを創り出す為には、

自分の経験を、

一つの趣向に沿って繋げて行き、

一つのストーリーとして、紡ぎあげることが、

大事になると言うことです・・・・(^^)

スポンサードリンク

自分自身の、コアとなるストーリーとは??

自分自身の、コアとなるストーリーが出来上がると、

その後の、決断の際に、

自分自身の、納得を得やすい決断を、選択しやすくなることでしょう・・・・!!

また、

そのストーリーの、パターン性が、

腑に落ちてくると、

新たに経験した事のストーリーを創造する事も、

次第に容易になってきます。

成り行きに任せるのじゃあ無くて、

自分の意志で、

概念を把握し、

一つのストーリーに仕立て上げれるようになれると言うことです。

この自分の意志っていうのが、

自分で決断するという事が、

自分自身の納得を得る際には、非常に大事になるのです。

これはもちろん、

人に何かを提供出来るものを創造しようっていう、

気概が無い人には必要も無い話ではありますし、

またまた、

例え、自分自身が、

直接決断出来ないような、

大きな環境や、人の意志が、複雑に絡み合ったような、

現実にさえ、自分自身の、

その後の行動基準となりうるような、

便宜的な解釈でもあり、ストーリーを、生み出すものでしょう・・・・・!!

また、

自分自身で、ストーリーを創り出す事で、

恥をかく事もあると思います・・・・。

だけど、それでも言えることが、

一つだけあるのですが、

経験を元にして、

自分で創造したストーリーっていうものは、

自分の市場でもあり、自分の相場と相性が良い人を、

その気にさせる求心力が、働くものでもあるのです・・・・・!!

勿論、

その場が、閉じた環境でもあり、

風通しが悪い環境であれば、

目の前の人の、同意を得ること、

もしくは、

共感を得ること自体が、難しいものかも知れません・・・・・。

が、世界を視野に当てて、

広い市場に出てみると、

必ず、自分自身が属している、

市場でもあり、相場ってものは、

存在していますし、

また、

それに付随した情報も、容易に見つかることでしょう・・・・(^^)

ちょっと考えてもらうと解ると思うんですが、

自分の経験を元にしたストーリーを、

人に話す時に、

「この話は、誰々さんも言うていたんだよ~。」

って言い方や、在り方での伝え方と、

そういうノーガキは無しで、

「この話は、私の経験した事です。」

って言い方や、在り方での、

自分の体感データを元に、

再現した話の説得力ってものは、

天と地程の差が出るもんでもありますね・・・・・。

何故ならば、

自分自身の経験が、対価となることで、

例え、その話は、誰かに聞いた話が、

元になっていたとしても、

自分自身の、信用を維持する、もしくは、

高めていく為には、

何かしらの、そのストーリーに沿った、行動がつきものともなるからです。

まぁ、

そのストーリーによって、

未来の自分自身の、方向性を、決断しているとも言えることでしょう・・・・!!

行動のモチベーションには、理性よりも感性が大事。

人っていうのは、

絶対成功するやり方があって、

行動をするんじゃあ無いことでしょう・・・・・。

まぁ、もし、

絶対成功するやり方ってものが、

存在していたとしたら、

勿論、

行動には移す人が、多数ではあるでしょうね・・・・・・。

だけど、

その大半の人が、はっきり言って、

その成功するまでの、行動の手順まで、

突き進むことなく、

何とは無しに、諦める為の、ストーリーを描いてしまい、

挫折することでもあるでしょうし、

また、

現実的な、情報社会の在り方をみると、

自分自身の内以外に、

絶対成功するやり方の、存在を許すこと自体の、

危うさってものも、

見えることでしょうね・・・・・(^^;)

勿論、目先の事柄の、

目先の小さな成功を、達成する為のやり方ってものは、

世の中には溢れていることでしょう。

だけど、

その目先の小さな成功を、達成するやり方ってものは、

必ずしも、

その後の、大きな成功の、方向性を、

決定つけさせる何かが、含まれているのが、

ある意味、

情報社会の、人が提供する情報の、常ではありますね・・・・・。

だからこそ、

自分自身の、大きな成功の、方向性の舵取りまでを、

考慮に入れると、

自分をその気にさせるストーリーってものが、

大事になると同時に、

行動を呼び起こすものでもあるのです。

また、

こと細かに、ノウハウを語られるよりも、

そのノウハウをワクワクするようなストーリーにした方が、

行動し続けるものでもありますし、

その為にも、

こと細かに、ノウハウを伝える努力をするよりも、

出来るだけ、ノウハウを簡略化して、

あくまでも、

ストーリーを紡ぎあげることを目標とした方が、

かえって、能率は上がるでしょうし、

また、必要となった、不足しているノウハウは、

自分自身で、補う自発性も、出てくるものなのです・・・・・・!!

要するに、

ストーリーに乗せられたならば、

即行動っていうのが、大事にはなってきますが、

その行動は、

そのストーリーを自分の血肉とし、

その先のストーリーを創造していくという、目標設定ではありますね。

その自分自身の、血肉になったストーリーっていうのは、

人に提供出来る、

自分自身の、

確かな武器となることでしょう・・・・!!

またまた、

計画を先取りして、マンネリ感が出てきたり、

先行きを見据え過ぎて、うんざりしてきてしまった時にも、

そのストーリーを踏まえて、

行動に取り入れていくことで、

モチベーションを、奮い立たせることも、可能となることでしょう・・・・・!!

またまた、

モチベーションってもの自体も、

ある意味、

行動ベースだという認識を、持ち合わせていた方が良いでしょう・・・・・。

だから、

行動に移す前の、前段階では、

少し、テンションが落ちていたり、

ネガティブな感情が、渦巻いていたりすることも、

多々あるということです。

それらの問題は、

そのストーリーを踏まえて、行動していくことで、

自然と、右肩上がりのモチベーションとなっていくことでしょう・・・・!!

ま、それこそが、

行動のモチベーションが、理性よりも感性が大事だという、

所以なのでしょうが・・・・(^^)

自分自身の、コアとなるストーリーを持つと??

自分自身の、コアになるストーリーを持つことで、

上記のような効能があるのですが、

それ以外にも、

そのストーリーは、

自分の趣向にマッチする人を惹きつけ、

マッチしない人を、自然と遠ざけます

人を選ぶっていうと、

ちょっと傲慢なニュアンスにはなりますし、

状況次第では、選ぶことが出来ないでしょうし、

誰を選んでも、結局は、

一緒のような感じにも、なりかねないものでしょう・・・・・。

だけど、それでも、

自分自身の納得を得て、選ぶとするのであれば、

自分自身の、コアになるストーリーで選別する事が、

納得を得る為には、大事になることでしょう・・・・・!!

またまた、

自分自身の、コアになるストーリーに、

マッチする人なら、誰でもいいとも言えることでしょうし、

そのストーリーは、

大きく見ていけば、

自分自身の市場でもあり、相場感を、表しているものでもありますよね・・・・・(^^)

だからこそ、

自分自身の行動でもあり、

その相手の行動によって、

選択基準が出来上がるものでもありますし、

また、

自分自身の行動っていうのは、

はっきり言って、

大きく見ると、市場や相場にいる、

自分自身の為とも言えますから、

全てがマッチする人が、

そのまま、存在するとは、言い難いものでもありますが、

ある意味、

そこまで求めていないとも言えることでしょう・・・・・!!

何故ならば、

その先は、行動によって、ストーリーを紡ぎあげていくものでしょうから・・・・(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

決断力とは、自分を定義する力であり、

自分自身のコアとなる、一つのストーリーを創造する事なのです。

そういった、

ストーリーっていうのは、

人に提供するだけで、

在る意味、

市場や相場感がマッチした人の、

モチベーションも、高めてしまえるような、

ストーリーとなることでしょう・・・・!!

人をその気にさせるっていうのは、

その人に、成功イメージを定着させる事でもあります。

ただし、

その成功イメージの共有には、

まず、

市場でもあり、相場感を踏まえた上での、

自分自身の為の、ストーリー媒介として、

自分の趣向による、人の選別が大事ともなります。

まぁ、

どっちが選んでいるのか、

よく解らない状態ではありますが・・・・(苦笑)、

少なくとも、

先に自己開示はしておきますよってことですね・・・・(笑)。

相性が合わなければ、

ウィン=ウィンの関係性には、中々ならないでしょうし、

市場や相場感の中の、

自分自身ってものも、見失うことにもなりかねないでしょうから、

注意も必要だということですね・・・・(^^;)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする