情報リテラシーの意味と、その使い方とは??

インターネットというのは本当に、すばらしい技術、概念ですよね。

インターネットのない時代は、人に教わったり、

図書館で本で調べたり、本を買って自分で勉強しないと、

新たな知識、考え方ってものを、自分に取り入れる事ができなかったでしょう。

だけど、

それを今は、インターネットで、ちょっと検索するだけで、

自分の欲しい知識が、お手軽には手にはいる時代になりましたよね(^^)

今まで、全くした事がない分野の事でも、

ほとんど労力をかけずに、検索出来る事によって、

特に、深い知識は得ることは出来なくても、

簡単な概要自体は、誰でも手に入れる事が出来るようになり、

やろうと思えば、すぐに、活用出来る時代になりましたね(^^)

今までの時代なら、時間やお金と言う風な、対価がかかっていたことでしょうし、

またまた、

一部の人にしか伝わっていなかったような、価値のある情報ってものまでもが、

ある意味、

見る人によっては、

簡単に、お手軽に、見れてしまうような、時代になったとも言えるのです。

要するに、

情報による格差ってものが、

より、浮き彫りになった時代だとも言えてしまうのです。

それを踏まえて、

今回は、

情報リテラシーの意味と、その使い方??ってテーマで、

考察して行きたいって思います(^^)

スポンサードリンク

そもそもの、情報リテラシーとは??

そもそもの、

情報リテラシーってものは、

情報(infomartion)と、識字(literacy)を、組み合わせた言葉でもあり、

情報を、自分の目的の為に、適応させる能力のことなのです。

だから、

「情報活用能力」とか、「情報を使いこなす力」とも、

表現されるものでもありますね。

したがって、

情報リテラシーの概念の中には、

情報を主体的に選択、収集、活用、編集、発信する能力と同時に、

情報機器を使って、論理的に考える能力が含まれているのです

またまた、

情報=ITと連想されることや、インターネットの利用時に、

情報リテラシーが、要求される理由から、

コンピューターのリテラシーと、混合されるものでもありますが、

必ずしも、コンピューターのリテラシーだけに限った概念ではありません

でわでわ、上記に挙げたような、

情報リテラシーの意義とは??一体、どのようなものなのでしょうか??

スポンサードリンク

情報リテラシーの意義とは??

その情報リテラシーの意義なのですが、

例えば、

インターネットが普及したことによって、

お手軽に、情報を検索できるかわりに、

その知識をそのまま使う事で、

その知識の背景まで、キチンと理解出来ていないのに、

解ったつもりになってしまいやすくなり、

実際に、その知識を会話で使ってみると、

なにか薄っぺらい印象を感じてしまうと言うことも、

出てくるものでしょう。

もっと言うと、

自分自身が、望んでもいない方向性の情報を、なまじ、知ったばかりに、

進まざるを得なくなるって言うのも、

この、簡単、お手軽に、なったが故のワナでもあるのです!!

要するに、

情報によっては、あえて、

欲求不満を引き起こして、それを解消する為の、

情報を、購入させる為の、情報ってものも、

存在するでしょう。

この辺は、まぁ、

インターネットが普及する以前から、

すでに存在していた、セールスの為の情報ってものでしょう。

だけど、

情報ってものが、身近にもなり、お手軽に、簡単に、

手に入るようななったと同時に、

その情報の活用法でもある、

自分の目的自体を、自分で描く能力ってものも、

情報の、質や量に比例して、同じだけの、質や量が、

求められる時代になったとも言えるのです。

またまた、

真の意味で、自分自身が欲しい物を、手に入れる為には、

実際に、それをすでに手に入れている人に、直接聞けるのが、一番の近道でしょうけど、

そういう人が身近にいない場合は、自分で検索する能力や、

さらに言えば、

自分で、その先の目的を、描いていくような、

企画力ってものも、必要となることでしょう。

その企画力ってものは、

はっきり言って、

自分が、過去に経験したことの、既成事実の組み合わせから、生まれてくるものでもあるのです。

自分が実際に、試したことから生まれる、

企画や、提案ってものは、

その知識を、実際に会話で使ってみると、

その背景(コンテキスト)に、自分の体験が入る事によって、

変に誇張しなくても、伝わりやすくなるし、説得力も増します

要するに、

在り方から、理解出来るようになり、

在り方から、教えることが出来るようになるのです。

スポンサードリンク

まとめとして。

いかがでしたか??

情報リテラシーを高める為には、

自分自身の、在り方から学んで、在り方から教えるってことが、

大事になるのでしたね??

情報リテラシーを、踏まえた在り方を、

体現していくと、

在り方から入った知識にはお金、手間をかけるのにも躊躇しなくなるでしょう。

何故ならば、

自分のゴールでもあり、ビジョンに向かって、

進んで行く術ってものは、他には存在しない、唯一無二なものだからなのです。

まぁ、逆から言えば、

自分自身で、目的を企画、提案していけるような知識には、

自然と、お金や、時間を、使っていくようになるってことなのです。

要するに、

自分でコントロール出来る、セルフマネジメントを軸として、

環境や、情報を、整えて行くってことなのです(^^)

またまた、

セールスする為の、情報に、

意図せず巻き込まれた場合も、

自分自身で、また別の目的の為に、

その情報を、活用出来るようにもなれるのです。

まぁ、これも、

逆から言えば、

その企画の見積もりが立つ情報であれば、

そこにかけた、お金や時間ってものは、

決して、無駄にはならないってことでもありますよね・・・・(^^)

ゴールや、ビジョンを描く為には、信仰心ってものも、大事にはなるでしょうから・・・(笑)。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする