スモールビジネスとは??過去と未来の働き方から考察する!!

一般的に、

スモールビジネスって言いますと、

個人とか、少人数で、起業することや、

また、ベンチャー企業ってものも、

スモールビジネスの類に、当てはまって来るものでしょう。

まぁ、所謂、

ネットビジネスや、副業って呼ばれるものさえも、

ある意味、

スモールビジネスや、マイクロビジネスって呼ばれるものに、

当てはまって来ることでしょう・・・・!!

また、

個人で起業とか、副業を始める場合っていうのは、

いきなり、大きな規模とか、

大きな市場に、飛び出してみたところで、

はっきり言って、

どこかのビジネスに、巻き込まれる形ともなり、

普通に、雇われ仕事をしているのと、

あまり代わり映えがしない現実ってものも、

無きにしもあらずでしょう・・・・・。

また、

上記の例は、

ビジネスとして、循環しているが故に、

まだ、ましな方なのかもしれません・・・・・!!

何故ならば、

スモールビジネスとか、マイクロビジネスとか言ってみたところで、

キチンと、マネタイズの形=お金の循環がある形態となっていないことには、

それは、

ある意味、

趣味や遊びと、なんら代わり映えがしないって現実も、

多々あるからなのです・・・・・!!

ま、

だけど、お金の循環だけを観て、

何も悲観的に、絶望する必要も無いことでもあるでしょうね・・・・・。

要するに、

ビジネスの、一番最初の段階っていうのは、

プロトタイプ状態でもあり、

趣味や遊びにも、見えるような、

ある意味、

無償で提供する部分や、

無償で提供出来る部分ってものを、

把握しておくことや、どれだけ、形に出来るか?

って部分も、自分自身の、ビジネスにとっては、

とても、大事な要素ともなりうるからなのです・・・・・!!

またまた、

そのような部分からこそ、

夢やビジョンを、描ける側面もまた、

無きにしもあらずでもあります。

勿論、

ビジネス足り得る為には、

顧客との、コミュニケーションや、

お金のやりとりがあるが故に、

現実主義的な、側面が、必要不可欠ではあることでしょうが、

それと同時に、

お金の為だけでは無く、

自分自身の、人生の方向性を、大きく決定づけていくのもまた、

ビジネスの実行から、描いていける、

夢とかビジョンって類の概念でもあり、

それによって、

日々の、雑務に、自発的モチベーションを持って、

当たっていくことが、可能となるものでしょう・・・・・!!

それらを踏まえて、今回は、

スモールビジネスとか、副業ってものに、

興味がある方の為に、

スモールビジネスとは??過去と未来の働き方から考察する!!

ってテーマに沿って、アレコレ考察して行きましょう!!

スポンサードリンク

ビジネスは、初めて行うこととしては、成り立たない。

ビジネスって言うからには、

人に価値提供をする必要がありますね。

要するに、

当たり前ではありますが、

初めて行うことは、ビジネス足り得ないって認識が、

大事になることでしょう・・・・・。

初めて行うこと=勉強とか、講習と同義の意味合いを持ったものでもありますから、

何よりも、

自分自身の、経験値ってものが、

ビジネスを始めるに当たって、大事になると言うことです。

その為にも、

自分自身の、労働の経験や、

もっと大きな範囲で言えば、

価値提供をした経験ってものを、

棚卸ししてみることって言うのが、

重要となることでしょうし、

何か、特殊な専門的なスキルがあれば、

活用出来るのに、越したことは無いでしょうが、

そのような、スキルが無かったとしても、

ある意味、

自分自身の顧客足り得る人にとっては、

専門家になる必要性がありますし、

それでこそ、ビジネスを始める為の、

大きな定義付けにもなりうるでしょうし、

それでこそ、

新たな企画を考案する、モチベーションにもなるでしょうし、

大義ってものも、出来上がってくるものでしょうね・・・・・!!

過去の働き方から、価値を抽出する方法とは??

人っていうのは、

今までの人生で、体験した事や、見聞きした事を、

その時、その時の自分の捉え方っていう『フィルター』を通して、

自覚的、無自覚に関わらずに、自分自身でジャッジしています

無判断とか、無関心っていうのは、

あくまで、

表層的な、顕在意識に過ぎなくて、

潜在意識には、その体験した事や、

見聞きした事の『捉え方』っていうのが、

無数に存在しています

この『捉え方』っていうのは、

いまここの潜在意識に溢れています

でも、

過去に、自覚的、無自覚に関わらずに、

自分の感じた『捉え方』っていうのは、

自分自身の『自我』とも深く結びついています

これは、実は、

『執着』と呼べるものでもあります。

でも、一見、

『執着』って言う言葉は、

マイナスのイメージがある言葉に見えることでしょうが、

『執着』にも、

プラスの感情が湧き起る『執着』と、

マイナスの感情が湧き起る『執着』があるって事実を、

まず、理解しておきましょう・・・・・!!

『執着』が何も無いって事は、

ありえませんし、

それは、何処かで、自分自身を偽っていることでしょうし、

そう捉えられても、仕方がありません

何故ならば、在る意味、

日々の習慣になっていることさえ、

『執着』と定義することが、可能でもあるからです・・・・・!!

要するに、

人間である限りは、肉体がある限りは、

何かに『執着』し続けるって前提を、

まず、持ち合わせてみましょう・・・・・。

だからこそ、

自分の幸せの為でもあり、

自分自身が成長していく為には、

プラスの感情が湧き起る事に執着する必要性があるし、

人の幸せの為には、

価値を与える事に執着する必要性があるって事実ですね・・・・・・!!

天職とか、使命ってものには、注意も必要。

上記の、

自分の幸せと、他者の幸せの、両方の重なり合う所こそ、

自分自身の『天職』とか、

『使命』って呼べるものかもしれないですね。

だけど、

上記の二つが、重なり合うところって言うのは、

決して、

自分自身が好きなことを、ビジネスにすることとは、

重なるとは限りません・・・・・。

何故ならば、

自分自身が好きなことって言うのは、

ある意味、

放って置いても、

自分自身の幸福感の為に、実行するようなことでもあるので、

もう、人に提供する必要すら、

あまり、無いものかもしれないからなのです。

ビジネスと言ったような、

顧客に提供する為には、

それだと、自己満足要素が大き過ぎて、

逆に、顧客からの承認の声を、求めなくなってしまう側面も、

無きにしも非ずだと言うことなのです・・・・!!

要するに、

売れなくても、楽しめてしまうってことが、

起こってしまうってことですね・・・・・(^^;)

そのような状態を、

避ける為にも、

自分が好きなことは、勝手に、

自己投資なり、自分磨きで続けながらも、

ビジネスとしては、

顧客からの承認=売上を上げるって形で、

取り組んでいくことが、望ましいってことですね・・・・・(苦笑)。

またまた、

ある意味、上記のレベルくらいまで、

好きなことって言うのは、

その好きな要素を、噛み砕いて、分析して行って見れば、

あらゆることに、

応用でもあり、横移動可能な、

普遍的な、モチベーションの源泉を、

発見することも、可能となることでしょう・・・・・!!

要するに、

その要素を持って、

その要素を活かして、実務に当たることが可能な範囲での、

ビジネスにこそ、取り組んでいくことが、

マネタイズの為には、望ましいってことですね・・・・(^^)

ある意味、

自分自身のモチベーションの源泉は、

一旦、スミとか、横の方に置いて置いて、

巧みに、取り込んで行きながら、

人に価値提供する実務に、取り組む形でしょうか・・・・(笑)。

要するに、

目先の結果や、顧客の対応によって、

一々、落ち込むこと無く、

自前の、モチベーションの源泉を持って、

前のめりで、価値提供していくことや、

前のめりで、価値提供する仕組みや構造ってものが、

ビジネスには必要となるってことですね・・・・・!!

自分の幸せの為だけを考えると、

プラスの感情が湧き起る事って、

結構簡単に想像出来ることでしょう・・・・・。

だけど、

自分の事しか考えていないと、

人に価値を提供する視点が欠けていると、

何処か、虚しさってものも、

沸き起こってくるものでもありますね・・・・・・(^^;)

そのようなことを、

考慮に入れて見ると、

自分自身のことを、ガチで幸せにしたり、

または、

自分自身のことを、ガチで成長させていく為には、

人に価値提供するって視点でもあり、

人から、承認される、受け入れられるってこと自体が、

必要不可欠ともなっていくと言うことです。

要するに、

自分の幸せと、

人に価値を提供する事とを、

重ね合わせる事が大事になるってことですね〜。

その為にも、

とりあえずの段階では、

自分自身が好きなことは、

横でもあり、端に置いて置いたとしても、

世の中の、

人に価値を提供する事=ビジネスでもあり、

マネタイズ方法ってものを、学ぶ必要性があるってことです。

天職とか、使命ってものは、

あくまでも、夢とか、ビジョンありきなものでもあります。

だからこそ、

その夢とか、ビジョンってものは、

キチンと、実務でもあり、行動を通した形で、

描いていくことが、望ましいものでもあり、

それでこそ、

強靭な、モチベーションの源泉足り得ることでしょうね・・・・・!!

スポンサードリンク

ビジネスモデルでもあり、マネタイズ方法を選別する。

世の中には、

色んなビジネスがあると思います。

それをすべて、

自分自身で体験する事は、

物理的にも難しい事なのかもしれません。

だけど、

人に価値を提供するっていう、

大きな視野で観ていくと、

価値を提供するって事の、関連性が見えてくるはずです

それは、

自分自身の、ビジネス経験と、

ゲシュタルトが繋がるものかもしれませんし、

ビジネスを通して、知り合った人のやり方と、

ゲシュタルトが繋がるものかもしれませんし、

はたまた、

その、人に価値を提供する一連の行為の中に、

自分自身が好きなことを、取り入れることが、

可能なものかもしれないですね・・・・・。

自分の経験だと、

そのまま、自分の力になるでしょうが、

人の経験は、

自分自身で、自己検証する必要性があります

それは、

自分とマッチさせる為の自己検証でもあります。

自分自身とマッチした、

価値を提供する為の、

人のやり方っていうのは、

その行為自体に、

プラスの感情が付随するものでもあります。

それは、

自分の血肉となった証拠でもありますが、

それは、

完全コピーの形には、なり得ないことでしょう・・・・・!!

何故ならば、

大きな意味合いでは、同じモデルとなりうるとしても、

細かい部分では、追求するものが、違ってくることを、

意味するからでもあります。

だからこそ、

自分自身の専門性でもあり、

自分自身のニッチな意味での、

顧客属性ってものが、出来上がっていくとも言えますが、

そもそもとして、

同じビジネスモデルであったとしても、

顧客属性が、別物であれば、

それは、既に、

別物の、オリジナルなビジネスでしょうし、

追求すれば追求するほど、

小さな意味では、差別化が図れるものでもあることでしょう・・・・!!

その為にも、まず、

ビジネスを、実践的に、自分の体験を元にして、

学んで行く必要性があるってことです。

価値の循環のさせ方を知らずに、

自分の趣向だけを追い求めていても、

それはただの『自己満足』なのですが、

その自己満足の中には、自分自身の専門性の種も、

隠されている事実を、知っておきましょう・・・・・!!

また、

ビジネスと定義するからには、

右肩上がりの成長が、必要ともなってくることでしょう・・・・。

未来を見据えるって事は、

発展し続けるって事でもあります。

その為には、

価値の創造の仕方を学び続ける必要性がありますし、

効率のいい価値の循環を学び続ける必要性もあります。

が、ここで言う学ぶって概念は、

学校の勉強の学ぶとは、また別物でもあり、

実践を通して、自分自身で、答えを定義していく形が、

望ましい勉強方法でもありますね。

また、

人に価値を提供する事っていうのは、

実感や、成果が出てくると、

楽しく感じない人って存在しないことでしょう・・・・・。

まぁ、逆に、

お金だけを追い求めるような、

お金の奴隷にならない注意も必要ではありますが・・・・・(苦笑)。

その人その人により、

ビジネスモデルや、マネタイズの形によって、

『自我』にマッチする、

マッチしないっていう適正はあると思いますが、

何はともあれ、

「やってみないと何も解らない。」って理解が、

必要となると同時に、

「自分自身の趣向に添えれば、間違いは無い。」って理解も、

必要となることでしょう・・・・・!!

それを理解する為にも、

自己検証が必要になりますし、

また、

自分自身の、経験の棚卸しも、

同じくらいに、必要不可欠なのです。

自分に合わないやり方は、

自分に合うやり方に変換したらいいですし、

それは、自己成長にも繋がっていくことでしょう・・・・!!

人に価値を提供するって事を、

ポイントとして押さえていれば、

人のやり方を、

細かく完璧に再現する必要性はありませんし、

それは、小さな意味での、

コピーでもあり、紛い物を生み出すことにさえ、

なり兼ねます・・・・・・(^^;)

また、それは、

結果的には、市場の奪い合いの、方向性に進むことを意味しますが、

そもそもとして、

多くの場合が、

先行者が、圧倒的に、勝つものでもあるでしょうし、

それだと、ビジネスを始めるのでは無く、

その先行者に、雇われている方が、

まだ、真っ当感は、出てくるものでしょうね・・・・・・(^^;)

自分自身の専門性が無いのは、ビジネス足り得ない。

そもそもとして、

自分自身の専門性が無いのは、

ビジネスとしては、何かが足らない状態であるとも言えます。

何故ならば、

専門性が無ければ、

大義を得れないでしょうし、

専門性が無ければ、

始めるのはともかくとして、

続ける理由でさえも、見失いガチに、なってしまうことでしょう・・・・。

その為にも、

自分自身の趣向に沿って、

顧客属性もしくは、特化した専門性ってものを、

追求する姿勢が、大事になると言うことです。

もしかしたら、

別の視点から観れば、

その教わる相手以上の実力が

自分自身の中に隠れているかもしれません

この実力っていうのは、

もちろん、

価値の提供や、効率のいい価値の循環っていう視点での話ではありますが、

専門性として、枠にしているが故に、

自分自身よりも、ステージが高い人にとっても、

有用足り得るってことをも、

表しています。

また、この専門性ってものは、

作業が速いとか、

気が利くとかとは、

また、別次元の話でもあります。

もっと言えば、

作業が当たり前に出来て、

気が当たり前のように利く、

もしくは、

適当に見えて、出来るレベルになると、

それは、一種の、専門性足り得ていることでしょうね・・・・・!!

そうやって、

ビジネスマインド=自分自身の、普遍的な専門性を磨き続けて、

自分自身の血肉として行きましょう!!

なんでもかんでも、

無償でサービスする必要性はありません

たとえ、

サービスの量では劣っていたとしても、

一貫性を持った、質の高いサービスの方が、

効率のいい価値の循環が起るものです。

その一貫性を創りだすのが、

『自分軸』でもありますね。

サービスの量を追い求めると、

価値の循環の効率性も失われるものですし、

そもそもとして、

世の中のサービスってものは、

後付け的に、足されて行ったサービスに、

溢れているが故に、

思い切った特化が、中々出来ないことでしょう・・・・・。

確かに、

サービスが足らないっていうのは、

NGですが、

正当なる一貫性でもあり、正当なる統合が無ければ、

量の多いサービスも、

顧客にとっては、持て余してしまい、

逆に、

ゴチャゴチャ感が、マイナスにも感じるものです・・・・・・!!

この正当なる一貫性っていうものや、

正当なる統合っていうものこそが、

自分のビジネスのコアでもあり、方向性になっていくことでしょうね・・・・・(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

『自分軸』に沿った、正当なる一貫性でもあり、

正当なる統合があれば、

逆に、あえて、

削る必要性のあるサービスも出てくることでしょう・・・・・。

複雑過ぎるサービスっていうのは、

あまり価値の循環の効率がいいとは言えませんし、

スモールビジネスとしては、

手をそこまでかけてられない問題もあると同時に、

特化することで、

小さな専門性を、持てることにも繋がることでしょう・・・・・!!

自己検証を経た後の、

小さなシンプルイズザベストでもありますね。

その為の、試行錯誤は、

無駄に為らないことでしょうし、

また、

例え、小さくでも、

追求し続けるものが、出来上がれば、

右肩上がりの成長は、為されるってことでもありますから・・・・・(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする