与えよさらば与えられんは、欲求不満を超越する??

与えよさらば与えられんって言葉がありますが、

これは、

要するに、

「求めよさらば与えられん。」っていう、

新約聖書の、イエスの言葉がありますが、

その言葉の意味合いを、考察していくと、

「与えよさらば与えられん。」っていう意味合いと、

段々と、同じニュアンスにもなってくる言葉ではありますね・・・・・。

求めよさらば与えられんの意味することを、考察してみた!!
新約聖書のイエスの言葉に、 「求めよさらば与えられん。」って言葉があります。 僕自身、 別に、キリ...

また、この言葉の意味するところは、

ある程度の、

抽象度レベルってものの、

理解が必要でもあり、

それが故に、構造的な、エネルギーの循環とか、

恩とかお陰様ってものの理解ってものも、

必要となってくるものでもあることでしょう・・・・!!

恩着せがましい人の心理を知ることにより、お陰様を知る!!
恩とかお陰様って言うと、 人間関係を、良好に保つ為には、 欠かせない概念ではありますよね。 だけど...

またまた、

人って言うのは、

理性とか、自我ってものを、持ち合わせているが故に、

社会性ってものを、重んじる存在でもあることでしょう。

だからこそ、

言うのではありますが、

感情の赴くままに、レスポンスをするだけでは、

他の動物とかと、あまり代わり映えがしないって事実があると同時に、

先人達が築きあげた、社会ってものが、

すでに存在しており、

それが土台でもあり、礎となって、

人間社会ってものが、出来上がっているものでもあることでしょう・・・・・。

要するに、

その、所謂、社会性ってものを、

完全に無視することは、決して出来ないが故に、

我々は、

欲求不満に、陥る側面も、持ち合わせていることでしょう・・・・・・!!

まぁ、

簡単に言えば、

自分勝手なレスポンスでもあり、

行動ばかりをしていては、

その人間社会の循環の果てに、

回り回って、ロクな縁に、巡り合わないことでしょうし、

だからと言っても、

そのってものは、

自分自身の、行動でもあり、リアクションによって、

自分自身の捉え方でもあり、見え方となっている側面もあるが故に、

自業自得だと言えるものでもあるのです・・・・・!!

勿論、

その、元々存在しているであろう、社会性によって、

自分自身が、決して、認めることが、難しい現実ってものに、

遭遇することって言うのも、

多々存在することでしょうが、

その現実って言うのは、

少なくとも、自分自身の在り方によって、

その、捉え方でもあり、

見え方を、決定づけることが、可能なものでもあり、

また、その先の、

より良い解釈に、繋がっていく為の行動を、

自覚的に、起こしていくと同時に、

その解釈ってものも、

自覚的に、決定づけることが、可能なものでもあることでしょう・・・・・・!!

それらを踏まえて、

今回は、

与えよさらば与えられんは、欲求不満を超越する??

ってテーマに沿って、アレコレ考察していきましょう!!

スポンサードリンク

そもそもの、欲求不満とは??

欲求不満といいますと、

嫉妬にかられたり、

自己卑下に陥ってグルグルしてしまう流れが、

一般的な流れではありますね。

これは、

自分が持っていないものを持っている人を、

目の当たりにしたり、

目先の欲に、目がくらんだ時に、

陥ってしまう状態のことを、さし表すことでしょう・・・・・!!

また、

目の前で、

あからさまに、イチャイチャされたり、

ちやほやされている人を見ると、

欲に対する、

自制心が弱い人は、

欲に飲み込まれて、

欲自体を自分自身と思い込んで、

この状態に陥ってしまうとも言えますね・・・・・。

こういう僕自身も、

人間ですから(当たり前)、

欲求不満の状態に、陥るときが度々あります

が、

この場合の対処法を知っている、

すなわち、

自分自身の、対処の型ってものが、

身についているか?、身についていないか?によって、

大きな大差が出てくるものでもあるのです・・・・・!!

欲求不満ってものは、いまここの、刹那的な感情でもある。

欲求不満っていうのは、

要するに、

いまここの自分自身が、

満たされていない時に、陥るものでもありますし、

また、

刹那的な感情が、何かをトリガーとして、

過去の経験と結びつき、

増幅された状態であるとも言えます。

要するに、

意図的に、

創り出そうと思えば、

創れる状況でもありますし、

構造的に、

必要悪的に、欲求不満に陥る構造ってものも、

誰が悪いともあまり、

定義しづらいものでもあることでしょうが、

世の中には、存在していることでしょう・・・・・・。

でも、だからと言っても、

その構造に、主導権を預けて、

流されっぱなしになることは、

意図的に、自覚的になら、まだいいのでしょうが・・・・、

精神衛生上、

あまり良い状態とは、言い難いものでもあることでしょう・・・・!!

要するに、

いまここの自分自身を満たす術を、

知識として知っており

なおかつ、

体験として、自分自身の型として、

自分の血肉に出来ていると、

この意図的に創り出される、欲求不満に陥る状況を、回避することも、

可能となると言うことです!!

自分自身の現実は、自分自身の在り方が決めている。

「自分自身の現実は、自分自身の『在り方』が決めている。」

って言う、

引き寄せの法則や、コーチングに基づいた考え方は、

この、

欲求不満に陥るべき状況を回避出来る事で、

真実味が出てくることでしょう。

要するに、

環境や、構造や、付き合う人ってものが、

自分自身に、影響を与えるものではありますが、

その、大元となるのは、

自分自身の、在り方でもあり、

それがベースになるが故に、

人によって、捉え方や、見え方に、違いが出てくると言うことです。

すなわち、

個々の違いによる、多様性が存在している事実のことですね。

多様性ってものは、

大きな意味合いでの、違いってものは、

差別的にもなってくるものでしょうが・・・・・・、

小さな意味合いでの、違いってものは、

ただ単に、

黙殺されたり、見ないふりをしているだけでもありますが、

ある程度の、共有性が存在するからこそ、

社会性が保たれるとも、言えることでもあることでしょう・・・・。

要するに、

小さな意味合いでの、違いってものは、

暗黙知の領域ともなり、

みんな、存在があるのを知っているけど、

社会性の為に、あまり、

表面上には出してこないって言うのが、

一般的な見解でもあることでしょう・・・・・!!

勿論、

何も、利点がなかったり、

社会の発展に、必要無いような暗黙知ってものは、

そのままにしておくのが、

正しいでしょうし、

下手に、掘り起こすこと自体に、

リスクってものも、存在します。

だけど、だからこそ、

そのリスクを、踏まえた先に、

価値創発の為の、種が存在するって事実も、

把握しておきましょう・・・・・!!

スポンサードリンク

与えるって意識を持ち合わせる。

『人に与える』っていうと、

ちょっとおこがましいニュアンスではありますね・・・・・・。

この、与えるって言うのは、

結果的には、

対価を受け取ることには、なるかもしれませんが、

最初の段階では、

対価がどうこういうのでは無く

自発的に形にして、

自発的に与えるからこそ、

おこがましいニュアンスにもなりますし、

結果的には、

上から目線にもなりうることでしょうが、

少なくとも、

その上から目線には、ちゃんとした、

権威付けも為されるものでもありますから、

ちゃんと与えることが出来れば、

ちゃんと受け取らせることが出来うれば、

上から目線になっても、決して、不自然では無いことでしょうが、

だからと言っても、

偉そうに、大上段から対応するかどうか?って言うのは、

その個人の問題でもあり、

まぁ、

好きにすれば良い部分とも言えますね・・・・・(苦笑)。

だけど、

在り方的に、欲求不満に陥った状態では、

人に与えようって思っても、

トゲトゲしくなったり、

自分が意図しないニュアンスの表現になったりして、

相手に与えるどころか、

逆に、

『何か』を奪ってしまうものだという事実を、

とりあえずは、

知識からでも、持ち合わせておきましょう・・・・・(^^;)

ま、はっきり言って、

欲求不満な状態では、

そこは、見えないことでしょうし、

また、だからこそ、

欲求不満だと、後々、俯瞰してみれば、

気づくことも、可能となることでしょうが・・・・・・。

ここで注意が必要なのは、

客観的だと、妥協したり、諦めたりする、

反省の視点は持てても、

その改善点の視点は、持ちづらい側面も、

無きにしも非ずだと言うことです・・・・・!!

要するに、

価値創発の流れまでも、

客観的な視点ってものは、

御構い無しに、

妥協したり、諦めたりする側面も、存在するってことです。

だからこそ、

俯瞰的な視点でもあり、構造的な視点を、

持つことこそが、人に、価値提供をする際には、

必要となると言うことです。

まぁ、簡単に言うと、

人ごとじゃあ無くて、自分ごととして、

価値提供するってことではありますが、

キチンと、

俯瞰の視点を踏まえていないと、

自分ごととは言っても、

欲求不満な状態で、価値提供していることともなり、

与えているつもりが、

何かを奪っている状態に、陥る可能性もあるので、

自分ごとにも、注意が必要だと言うことですね・・・・・(^^;)

俯瞰の視点の為には、いまここの自分自身を満たす事が大事。

上記で、俯瞰の視点とは言いましたが、

俯瞰の視点でもあり、

俯瞰的になる為には、

「まず、いまここの自分自身を満たす事。」って言うのが、

最優先事項になると言う事です。

本当の意味で、

いまここの自分自身が満たされてくると、

段々と、

人に与えずにはいられなくなってくるものでもあります。

自分自身の楽しさや、

嬉しさを分かち合いたくなる感じでもありますし、

いまここの、自分自身を満たすと言う意味での、

当たり前の状態のレベルが、

高まることにもなり、

その当たり前を、

人にも与える事が、出来うるようになると言う事です・・・・・!!

要するに、

その状態で、人と接する事自体が、

もう既に、

『何か』を与えている状態となると言う事でもありますし、

また、その与えられる価値ってものも、

段々と、

構造的に、俯瞰的に、見え始めてくると言う事です。

だから、

小難しく、

「何かを提供せねば!!」

っとか、

頭を悩ませる必要なんて無いですし、

価値ってものは、

そもそもとして、

人が定義するものでもある事でしょう・・・・・。

だからこそ、

「まず、自分自身を満たす事。」って言うのは、

その行為自体は、

自分自身にとっての、価値足り得る事でしょうが、

人から視点でもあり、

要するに、

客観的な視点での価値ってものは、

そのプロセスに、関わる人によって、

定義されるものではありますが、

少なくとも、

その定義がなされる前に、

既に、

自分自身にとっての価値でもあり、

モチベーションの源泉は、確保されるっていう事実をも、

「まず、自分自身を満たす事。」には、

含まれていると言う事ですし、

また、

人からの価値の定義と、

自分自身の定義ってものを、

重ね合せる必要さえも、実は、

あまり意味をなさないものでもあるのです・・・・・・!!

要するに、

そのような、

価値観のすり合わせに、頭を悩ませている暇があるのならば、

真の意味で、

自分を満たす事に、集中すればいいってことでもありますし、

それは、各々の人に、

言えてしまうことにもなることでしょう・・・・・!!

まぁ、あえて、

言える事があるとすれば、

その価値のすり合わせってものは、

考え方如何よりも、

行動によって、表現するものでもありますし、

恐らく、それは、

価値のすり合わせって言うよりは、

お互いの価値を、高めあっていく為の、

インスパイアを受ける事でもあり、

インスパイアを与える手段ともなる事でしょう・・・・・!!

要するに、

そこは、何時迄も、同じにはならないって認識でいる方が、

建設的でもありますし、

小さな意味での、同じを目指すことには、

ある種の絶望も、伴う事でしょう・・・・・・(^^;)

自分を満たす事が、難しい状況の時こそ、人に与える意識を持とう。

シチュエーション次第、

自分が置かれた状況次第では、

真の意味で、

自分を満たす事が、

難しい状況もある事でしょう・・・・・・。

が、

そういう時こそ、

人に与えるって意識を持つ事って、

大事な事でもあります。

だけど、

ここでも、肝要となるのは、

その、人に与えるって意識は、

「いまここの、自分を満たす事。」に、

集中する為に、

状況的に、余裕を持つ為のものでもあります。

何故ならば、

自分が欲求不満だと、

価値の循環は、淀んでしまうものでもありますから、

結果的には、

効率性も良いって認識ではありますね。

その為にも、

自分自身が、貰って嬉しかったものこそ、

人に提供する事が、大事になります。

だけど、もしかしたら、

その相手にとっては、

あまり、馴染みがないものかもしれません・・・・・。

それでも、

与えるって事は、

決して、便利屋になる事では無く

気高い意識の元に、行う事が大事でしょうし、

だからこそ、

その後は、

「まず、自分自身を満たす事。」に、

集中出来るようになれるとも言えるものでもありますね・・・・・。

在る意味、

『自己投資』の概念と通ずるものがありますね。

まず最初に、

与えたい人を探す事が先決となります。

そういう状況では、

そういう人が、

目の前にいないから、

そういう状況なんだとも言えます。

与えたい人っていうよりも、

与えたくない人っていうのが、

存在しているのかもしれませんね。

そういう人以外に、

無理せずに提供しましょう。

普通に考えて、

与えたくない人に、

自分が、

貰って嬉しかったことを提供するって、

だいぶ、無理が出る事でしょうから・・・・・(苦笑)。

心理的ブロックがあって、

当然だと思いますから、

その心理的ブロックさえも、踏まえて行って、

それ以外の人に提供してみましょう・・・・・!!

気が付くと、

その心理的ブロックも、

あまり気にならなくなってきて、

与えたく無かった人にさえも、

結構、平気で、提供出来るようにもなれる事でしょう・・・・!!

まぁ、

自分自身が、貰って嬉しかった事柄限定ではありますが・・・・(笑)。

まとめとして。

いかがでしたか??

大きな視野で見てみると、

色んな人の意識は、

繋がっていますし、

特定の人だけに固執するよりも、

とにかく、

与えれる人に、

自分自身が、

貰って嬉しかったことを提供する事によって、

自分自身の『在り方』に変化を起こせるって事です。

自分自身の『在り方』が変化すると、

自分と関わる人の『在り方』も変化することでしょう・・・・・・!!

いまここの自分自身を、

真の意味で、

満たす事が出来て、

欲求不満を解消出来ているのならば、欲求不満な状況を、

持ち込むような人にとっては、

近づき難くなりますし、

逆に、

同じような、

いまここの自分自身を、

真の意味で、

満たす事が出来ている、

与える『在り方』の人とは、

繋がりやすくなってくることでしょう・・・・・!!

いまここの自分自身を、

真の意味で、

満たす事と、

自分が貰って嬉しかったことを、人に提供する事っていうのは、

何時いかなる時でも、

続けて行かないといけないでしょうね・・・・・。

その流れが澱んだ時に、

欲求不満ってものに陥り、

負のサイクルに入る事でしょうし、

また、

いまここの、自分自身を満たすこと自体が、

結果的には、

人に与えれる事柄の、

バリエーションを増やすことにも繋がり、

その価値の質自体も、

高めていくことにも、繋がっていくことでしょうから・・・・・(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする