ビジネスマインドありきでこそ、コミュニティに価値が出る!!

一般的に、

ビジネスには、マインドが大事だとは言われますが、

そのマインドってもの自体は、

決して、

勉強的な、知識重視のマインドのことだけを、さし表す訳じゃあありません

要するに、

勿論、

知識的な、マインドってもの自体にも、

そのコミュニティ内での、

人との関係性や、または、

上下関係や、自分自身の立ち位置を、

決定づける為には、役に立つ側面もありますが、

その実態的には、

あくまでも、

ラベル付けに過ぎない側面も、

勿論、存在しうるのです・・・・・・!!

だからこそ、

勿論、社長さんや、会長さんといったような、

誰の目から見ても、

明らかに、立ち位置が高い人にとっては、

そのラベル付けってもの自体が、

変に、気負ったり、気を遣わせることなく、

コミュニティ内の、ある程度の、

風通しの良さが、生まれることにも繋がるってことです。

だけど、

そのような、ラベル付けってものには、

キチンと、実態ってものも、

存在しないことには、

中々、ちゃんとした、正当化でもあり、

権威付けがなされないことにもなり、

古株の、身内のような人にとっては、

そこは、

居心地の良い、コンフォートゾーンとなることでしょうが、

新規の、これから実力を、証明して行こうって方達にとっては、

どれだけ、実力を発揮したところで、

結局は、

古株の、身内のような人達の、

太鼓持ちにしか、なりようが無いって現実も、

多々存在するでしょうし、

そのコミュニティ次第では、

当たり前に、テロのように、

太鼓持ちを、強要してくる側面も、無きにしもあらずなのです・・・・・・(^^;)

まぁ、

基本的に言えば、

古株が、特をするポジションにいることは、

もう、当たり前のようなことではありますが、

コミュニティ単位で見ると、

ある意味、

個人の実力ってもの自体も、

決して、コミュニティの発展の為には、

無くてはならないものでもあることでしょう・・・・・!!

要するに、

個人の専門性でもあり、

実力ってものを、発揮出来る環境であってこそ、

コミュニティってもの自体にも、

相乗効果により、価値ってものが、

出てくる事実のことを、申しているのです・・・・・!!

その為にも、

ビジネスマインドとは言っても、

決して、

勉強重視の、暗記メインのビジネスマインドでは無く、

もっと、普遍的な、

より本質に近づいていく為にも、

原理原則を踏まえたビジネスマインドを、

個人個人単位で、

スキルや技術を踏まえた上で、持ち合わせて行く必要性もあることでしょう・・・・・・!!

またまた、

人が面倒に思うような、

ストレス負荷を感じるようなことを、

何とは無しに、追求出来ること自体も、

ある種の専門性でもあり、

立派なスキルでもあることでしょう・・・・・・。

そのようなスキルは、

自分自身で、権威付けして、

宣言=コミットしないことには、

中々、

人からは、一々、評価されない側面も、無きにしもあらずなのです。

だけど、

勿論、それらのスキルや技術を、

宣言=コミットすること自体は、

別にいいことなのでしょうが、

それらは、あくまでも、

小手先の、スキルや技術に過ぎないってことも、

宣言=コミットすればするほど、

自分自身でも、理解が深まることでしょう・・・・・。

要するに、

ある一定以上の、追求により、

原理原則を踏まえて、

キチンと、俯瞰的に見て、

価値足り得るように、構造化する必要性のことを、

申しています。

それらを踏まえて、

今回は、

ビジネスマインドありきでこそ、コミュニティに価値が出る!!

ってテーマに沿って、アレコレ考察していきましょう!!

スポンサードリンク

ビジネスマインド=いい価値の循環。

いい価値の循環っていうのは、

原理原則を踏まえると、

ビジネスマインドの有無の事でもあります。

人が感情のまま、

本能のまま、

そのままありのままで生きる姿っていうのは、

獣の様であり、

他人にも迷惑がかかり、

醜いものです。

勿論、

そのそれぞれの人々による、

背景=コンテキストってものも、

関わってくる問題ではありますが、

原理原則的に言えば、

周りの関わる人々のことを、無視した上での、

感情論でもあり、

本能論ってものは、

醜く見えるものでもあることでしょう・・・・・・。

人と人の意識ってものは、

繋がりがあるものであり、

人に迷惑をかけたっていう意識は、

自分の潜在意識の中にも残ってしまうものでもあります。

だからこそ、

真の意味で、

エネルギーの循環までも、考慮に入れて、

後悔することなく、

自分を満たすことを、追求する為には、

人に価値を提供する意識を持ち合わせている必要性があるってことです・・・・・!!

もちろん、それは、

意識だけの問題じゃあ無く、

実際に、

形として、スキルとして、技術として、

小手先から、提供する必要性があります

で、

冒頭でも言った通り、

スキルでもあり、技術でもあり、

小手先ってものは、

自分自身で宣言=コミットしないことには、

よっぽどの、達人性を発揮しないことには、

人からは、中々、見向きもされない側面も、

無きにしもあらずですし、

また、

その、宣言=コミット自体が、

結果的には、

原理原則を踏まえて、本質を追求して行く流れにも、

なってくるでしょうし、

逆に、

小手先だけで、満足しうるような、

環境でもあり、人間関係ってものは、

居心地が良いかも知れませんが、

腑抜けてしまうって側面も、あることでしょう・・・・・(^^;)

要するに、

健全な不満足とも言いますが、

小手先だけじゃあ、承認され難い環境ってものこそが、

スキルや技術を追求して、

原理原則を踏まえながらも、

本質に近づいていくには、適した環境だと、

言えることでしょう・・・・・・!!

スポンサードリンク

いい価値の循環に必要な、3つの概念。

いい価値の循環ってものを、

コミュニティ単位で考え見ると、

『実用性、一貫性、コーチング性(俯瞰性)』って言う風な、

3つの概念ってものの存在が、

ともなってくることでしょう。

まず最初に、

この三つの概念は、

決して、

別けて考える事じゃあありません

全部が繋がりを持っている概念でもありますし、

その人その人の、専門性によって、

バランス配分ってものが、存在していることでしょう・・・・・!!

要するに、

実用性の為に、

一貫性やコーチング性をないがしろにするものじゃあ無いですし、

一貫性の為に、

実用性や、コーチング性をないがしろにするものじゃあ無いし、

また、

コーチング性の場合も、しかりだと言うことです。

またこれは、

個人からの視点でもあり、主観的な問題でもあります。

勿論、

目の前の小欲に目が眩んで、

視野が狭い状態で、物事を観ますと、

実用性の為に、

一貫性やコーチング性(俯瞰性)をないがしろにして、

物事を捉える事も、多々存在することでしょう・・・・・。

が、

はっきり言って、

コーチング性(俯瞰性)の為には、

目先の小欲に、目が眩んでいるよりも、

目先の小手先のスキルでもあり、技術に、

集中出来て、それを宣言=コミットすることの方が、

何かと、周りにとっても、

役に立つだろうし、

また、

周りにとっても、価値を創発出来る環境とも成りうるのです・・・・・・!!

また、

コーチング性(俯瞰性)ってものは、

かいつまんで、簡単に言うと、

答えを、自分自身で導き出すこととも言えますし、

また、

各々の、気付きによって、

自分がやるべきことを、

自分自身で決定するスタンスってものを、

表していますが、

その、中心となる考えってものは、

「答えは、自分自身の内に存在する。」

って考えでもありますし、

その為には、

構造的に、俯瞰した視点を持つことと、

自分自身が信頼出来うる、コーチ役の人に対して、自己開示することによって、

自分自身の自己開示を、己で俯瞰することにより、

答えを導き出すことにも、

当てはまってきます。

それによって、

そのような、

射幸性を、煽られガチになるような環境でもあり、

場面であったとしても、

思考の抽象度を高めることが出来うるし、

もしくは、

いまここの、感謝出来うる事に、

『フォーカス』をあてる事にもなり、

大きな視野では、

この三つの概念をキチンと踏まえていくことが、

誰しもが、可能なことでしょう・・・・・!!

まぁ、誰しもとは言いましたが、

そのスキルや技術や、

小手先の形は、

人によって、千差万別でしょうが・・・・・・。

一貫性って事に、

『フォーカス』をあてると、

もっと解かりやすくはなることでしょう・・・・・。

一貫性ってものは、

目先の、

具体的過ぎる事に、

『フォーカス』をあてると、

それを保つ事って難しいですし、

そもそもとして、

ひとまとまりの全体性=ゲシュタルトとして、

構築し難い側面も、あるのです・・・・・・!!

もっと厳密に、言ってしまえば、

それこそ、

自分のやり方とは違う、

他人のやり口ってものを、拒絶する意識のもとでしか、

その一貫性ってものは、

成り立たない側面も、持ち合わせています

だからこそ、

それさえも踏まえて、

一貫性を出す手段は、小手先でもあり、

スキルでもあり、技術から、

キチンと、

価値足り得る形まで、一貫性を持つって意識も、

大事になることでしょう・・・・・!!

自分自身の内から出た、

価値足り得る一貫性ってものを、

途中で諦めることや、

途中で、周りの顔色を伺って、

うやむやにすることって言うのは、

機会損失にも繋がり、

非常に、勿体無いですし、

そのシチュエーション次第では、ただのアホ(失礼ですが)だとも、

言えてしまうことでしょうね・・・・・・(^^;)

コーチング性ってものは、何も、コーチ役だけのものでも無い。

コーチング性(俯瞰性)っていうものは、

人との関わり方とも言えます。

要するに、

乱暴に言ってしまえば、

自分自身の、人生の主導権を、

自分の軸に置くか、

他人の軸に置くかを決定しているのは、

このコーチング性(俯瞰性)を持っているかどうかとも言えてしまえるものでもあるのです!!

要するに、

人との関わり方が、教師的になると、

もれなく、

自分の現実にも、教師的存在が出現します

また逆に、

人との関わり方が、

コーチ的になると、

もれなく、

自分にもコーチ的存在が出現するってことなのです。

教師的存在の人や、

意識ってものは、

必ずしも、

自分の幸福感に沿っているとは、

言い難い存在ではありますが、

少なくとも、

何かのマニュアルや、ノウハウを再現する為には、

教師的なコンテンツが、必要にはなるとは言えますね・・・・・・。

だけど、

そこに必要となるのは、

あくまでも、

マニュアル的なものでもあり、

目先のノウハウを、再現する為の、

コンテンツってもので充分でもありますし、

結局は、

コーチ的関わり方を経て、

自分自身の、大きな意味合いでの、

答えってものは、自分自身で、導き出す必要があるってことです。

その為にも、

コーチ的関わり方が重要になるのです。

コーチ的存在の人や、

コーチング性が存在する環境ってものは、

ヒントは与えてくれますが、

答えは与えてくれません

むしろ、

そのヒントでさえ、

自分自身の行動でもあり、アウトプットを、

俯瞰した上で、出てくるものかも知れませんが、

少なくとも、

そのような、

コーチング性に優れた、

在り方の人ってものが、存在するってことをも、

表していますし、

それ自体も、

一種の、スキルや技術でもあるのです・・・・・!!

また、このスキルは、

そのヒントであり、

答えを導く為の出汁となりうるアイデアや、

概念を、

自覚的に選択する余地をも与えてくれることでしょう・・・・・・!!

この余地ってものが、非常に重要となります。

この余地が、

自分の幸福感をもたらしますし、

また、

自分で決めたという事実が、

エフィカシー(自己効力感)をもたらすのです。

また、

自分自身の答えを導き出すことが、

上手い人のことを、

一概に、コーチングスキルの高い人とは、

言い難いものでもあることでしょう・・・・・。

何故ならば、

その相手によっては、

自分自身の答えを、相手にも、

強要する人も、中にはいるでしょうから、

どちらかと言えば、

ストイックに、自分自身の答えを、

追求する人の方が、

コーチング性に優れている人だとは、言えることでしょう・・・・・。

コーチング性があれば、実用性と一貫性は、後から付いてくる!!

コーチングスキルを高めることって言うのは、

エフィカシー(自己効力感)を、高めることにも繋がるでしょう。

エフィカシー(自己効力感)がある事っていうのは、

結果的に、

また再現されるものです。

要するに、そこには、

実用性と一貫性が出てくるってことをも、

表しているのです・・・・・!!

実用性ってものは、

価値足り得ない、一貫性の範囲でもあり、

視野の狭い範囲で物事を観ると、

何とでも言えますし、

否定も容易なものでもありますね・・・・・・。

要するに、

一つの商品や、

コンテンツの価値を、

否定出来る概念の、商品やコンテンツにも、

実用性ってだけを見てみれば、

創りだす事が可能でもあります。

だからこそ、

枠を創って、

その枠を厳守する事っていうのが、

大事になります。

この実用性ってものも、

目先の視点では、

たいした価値は創造出来ないかもしれないですが、

少なくとも、

その実用性の為には、

小手先でもある、スキルや技術ってものが、

必要不可欠ともなりますし、

また、

その枠ってものを、厳守する為の、

マニュアル的なものにも、

実用性が存在するってことでもありますね。

勿論、

価値を価値足り得るようにする為には、

その枠を厳守する為の、

マニュアルには、教師的な要素が、

必要ともなることでしょうが、

少なくとも、

コーチングスキルが高まっていれば、

その、教師的な要素ってものは、

言われるまでも無いような、事柄には、当てはまってくることでしょう・・・・・!!

その商品や、コンテンツの背後に、

大きな、

価値を持った概念ってものや、世界観ってものが、

存在している必要性があります。

現実的には、

商品やコンテンツや、

コミュニケーションっていうやりとりで、

お金や感情の交換がなされているんでしょうが、

抽象度の高い世界観では、

その商品やコンテンツや、

コミュニケーションを通して、

『実用性、一貫性、コーチング性(俯瞰性)』を伴った、

大きな概念のシェアが、行われていることにもなります。

その対価となるのが、

お金であり、

コミュニケーションを通した、

感情のやり取りでもあり、

自分自身が、

小手先のスキルでもあり、技術に費やしてきた、

熱意や時間ということに、なるのでしょうね・・・・・(^^)

まとめとして。

いかがでしたか??

結局は、

ビジネスマインドってものは、

現実的な、商品やコンテンツや、コミュニケーションを通して、

価値を循環させることで、

「如何に、抽象世界の概念と繋げれるか?」って事でもあることでしょう・・・・。

現実的な、

商品やコンテンツや、コミュニケーションと繋がっているって事が、

になることでしょう。

それが無いと、

タダの空想に過ぎないかと。

現実的に、

商品やコンテンツや、コミュニケーションに変換出来た概念には、

価値が出てきます

ただし、

目に見える、

商品やコンテンツや、コミュニケーションは、

確かに、現実的ですが、

その現実の元になっているのは、

抽象世界の概念だと言う理解も必要です。

だからこそ、

両方とも大切でもありますし、

抽象世界の概念を、表現する為には、

小手先でもあり、スキルでもあり、技術ってものが、

必要となり、

また、それを磨き続けること自体が、

自分自身の答えを、導き出して、

そこに向かって、突き進む術でもあるのでしょうね・・・・・(^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする