文章の書き方によって、未来の方向性が決まる!!

文章の書き方とは言いますが、

要するに、

言語化するってことは、

我々、人間が、人間足り得る証明でもありますよね〜・・・・・。

まぁ、

だからと言っても、

文章化とか、言語化ってことにも、

細かく分類していけば、

ただ単に、

独り言を話すことも、言語化の一種でもありますし、

人ととりとめのないことを、

話すってことも、言語化の一種でもありますし、

文章化ってものを、

大まかに分けて行くと、

紙にメモをとったり、ノートにまとめることも、

文章化の一種でもありますし、

また、

SNSやブログ等に、パソコンやスマフォを使って、

アップすることも、

文章化に、当てはまってくることでしょう・・・・・!!

また、文章化や、言語化ってものの、

役割ってものを、考察して行くと、

自分自身の思っていることを、

人に伝える手段であると同時に、

自分自身の、燻っている想いってものを、

言語化することにより、

自分自身で、俯瞰的に観れるって側面もありますし、

また、

人の書いた文章であっても、

メモのような、書きなぐりの言語化では、

中々、それを読み解くのには、

洞察力が必要ともなりますが、

綺麗にまとめられた文章やノートってものは、

その概要でもあり、全体像ってものの理解を、

共有しやすい側面も、持ち合わせていることでしょう・・・・・・。

要するに、

言語化でもあり、文章化の、

目的ってものは、

人からの、理解を得るという目的もあると同時に、

自分自身の、燻った感情を、整えると言ったような、

目的も、そこには存在しているのです・・・・・!!

また、

自己啓発や、コーチングで、

よく言われるような事柄の中には、

言語化することが、大事だという教えの他にも、

紙やノートに、

自分自身が、求めることを、

叶った形で書き記すって事柄があります。

勿論、

紙やノートに、書き記したものが、

全て、叶うと言ったような類のものでも無いことでしょうが・・・・・、

実際に、

大事なことや、重要度の高いことって言うのは、

言語化して、

紙に書いて、普段から、

よく、目に見える所に、貼り付けて置いたりして、

無意識の領域に、馴染ませることが、

何かと、優先度を、高めていく手段でもあるのです。

だけど、

それって言うのは、

結局は、ネットを使った、

情報発信ってものにも、

似たような作用があると言うことなのです。

ネットを使った、情報発信ってものは、

メモとか、ノートを書いて、

人の前で、プレゼンテーションを行うのと、

似た作用があると言うことです。

もっと言えば、

その、人の目に触れさせる過程ってものを、

短縮して、

勿論、アクセスを集める手間暇ってものは、

必要にはなりますが、

セミナーを開いたり、勉強会を開くと言ったような、

人を集める為の、

所謂、集客ってものに、

レバレッジが効くと言うことです。

また、

リアルでは、知らない人に、

自分自身の、プレゼンテーションを聞かせることって言うのは、

ある程度の、段階を踏まないことには、

中々、難しいって問題もあるでしょうが、

ネットを使えば、

勿論、興味が無いテーマだと、

誰しもが、読まない文章とはなることでしょうが、

元々の、ニーズに沿ったテーマであれば、

ある程度のアクセスが、望めるものでもありますね・・・・・(^^)

それらを踏まえて、

言いますが、

文章化をすること、

すなわち、

文章の書き方を工夫して、

その経験値と、スキルを高めていくことで、

自分自身の、燻った感情を、整えると同時に、

自分自身の、未来の方向性ってものを、

先取りして、決定しておけると言う、

強みってものも、描いていくことが、

可能になるものでもあるのです・・・・・・!!

まぁ、

だからと言っても、

その未来像ってものは、

あくまでも、

抽象度が高いものではありますが、

それが故に、

あらゆる物事に、応用でもあり、

反映可能なものが、望ましいと同時に、

自分自身の、趣味趣向と言ったような、

「自分の好み。」ってものを、

把握しておく必要性があるってことなのです。

ちょっと考えてみて欲しいのですが、

「自分の好み。」ってものが、

明確な方にとっては、

その好みを、先取りして、すでに反映された未来ってものを、

受け取れる方が、何かと、

楽しく充実した現実を、過ごせることにもなることでしょう・・・・・!!

またまた、

「人には、無限の可能性がある。」とは言いますが、

だとしても、

「自分の好み。」に沿って、

無限の可能性を追求する方が、

全くの0からのスタートと、比べて見ても、

何かと、モチベーション管理の面においても、

アドバンテージもあることでしょう・・・・・!!

もっと言えば、

0からスタートを切る時であっても、

「自分の好み。」っていう武器を、

反映しながら、追求していけるってことでもあるのです・・・・・!!

ちょっと前置きが、

長くはなってきましたが(苦笑)、

上記の事柄を踏まえて、

今回は、

文章の書き方によって、未来の方向性が決まる!!

ってテーマに沿って、アレコレ考察していきましょう!!

スポンサードリンク

言葉の抽象度ってものを、考察する。

言葉っていうものは、

そもそもとして、

抽象度が低いものであります。

抽象度が低いってことは、

まぁ、

簡単に言えば、

現実が動きづらいってことをも、

表していることでしょう・・・・・!!

何故ならば、

現実が動くのは、

行動でもあり、アウトプットをするからこそ、

それに伴って、現実が動くとも言えます。

だからこそ、

言葉ってものの背景には、

それに伴った、行動=アウトプットってものが、

存在することが、望ましいものでもあり、

それが故に、

人に影響力を、発揮出来るような、

説得力ってものが、宿るものでもありますね。

まぁ、だけど、

ある意味、

その発する言葉の種類によっては、

独り言でもいいから、

自分自身の感情を、吐き出す為に、

必要となる言葉ってものも、存在することでしょう・・・・・。

そのような言葉ってものには、

自分自身の、燻っている思いでもあり、

ある意味、

自分自身の意識のうちに、

存在していなかった言葉や、概念ってものも、

そのような言葉には、

含まれている可能性が、高いものでもあります。

まぁ、

潜在意識には存在していたけど、

顕在意識だと、見えていなかった言葉ってものが、

そのような言葉には、

当てはまってくることでしょう・・・・・!!

だけど、

そのような言葉でさえも、

そのまま、

独り言のように、吐き出すだけでは、

ある意味、

勿体無いってことでもあるのです。

そのような言葉だからこそ、

ある程度の、全体像を把握出来るくらいまで、

考察していき、まとめ上げることが出来うると、

自分自身の、求めていることが、

浮き彫りとなっていき、

それを踏まえることで、

「自分の好み。」に沿って、現実を、

生きていけることにもなると言うことなのです・・・・・!!

スポンサードリンク

有言実行によって、言葉の影響力を高める。

上記にあげた通り、

言葉ってものは、行動=アウトプットよりも、

抽象度が低いものでもあります。

要するに、

抽象度が低いって事は、

言葉を発するだけでは、

現実への影響力は低いって事でもあります。

有言実行っていうのが、

価値があるものとされているのも、

この、

言葉の抽象度の低さってものを、

みんな、

身に染みて理解しているからこそ、

価値があると言うことですが、

何よりも、

不言実行だと、人を巻き込む形だと、

強制的な形に、ならざるを得ないので、

その行動=アウトプットの前には、

必ず、ボクシングで言えば、

ジャブとなりうるような、言葉が必要となると言うことです。

だけど、

仕事の方向性のような、

ある程度の、コミット=宣言ってものが、

必要となる場面も、

現実には存在することでしょう・・・・・。

まぁ、

仲間内や、コミュニティでの、

所謂、仕切りってものが、

必要となる場面のことではありますね。

そのような場面での、

コミット=宣言には、

ある意味、

コミット=宣言する前に、

実行する為の、心の準備が整っている必要があるってことなのです。

心の準備が、整っている方が、

より、影響力を発揮出来ますし、

また、

その後の、誘導や、討論の為の、

準備も整って行くと言うことなのです・・・・・・!!

所謂、

有言実行な人っていうのは、

コミット=宣言する時には、

ある程度の、実行の為のゲシュタルトが、

そのコミット=宣言する前に、すでに出来上がっているというイメージですね。

逆に言えば、

コミット=宣言するから、

ある程度の、実行の為のゲシュタルトが出来上がるとも言えますが、

現実的に、

ありえないって感じるような事を、

コミット=宣言する事には、

あまり意味があるとは言えませんし、

お笑いのボケならともかく、

仕事においては、

ボケは、チョンボ=ミスと一緒でもありますからね・・・・・・(笑)。

要するに、

宣言=コミットする前にすでに、

自分自身では、

現実的に、実行可能だと信じている必要性があると言うことですし、

また、

その、実行する為のビジョンまでは、

見えているかどうかは、怪しい場合もあるでしょうが(苦笑)、

少なくとも、

方向性の舵取りと、リスクマネジメントの引き出しは、

持ち合わせていく必要性がありますし、

それでこそ、

言葉の抽象度ってものも、高まって行くと言うことなのです・・・・・・!!

だけど、その為には、

実際に、

自分がしてきた事をただなぞるだけでは、

たいした実行計画ってものは、浮かばないことでしょうし、

何よりも、過去に行ってきたことを、

そのままなぞることには、

ライブ感ってものが、存在しません

要するに、

過去をなぞることって言うのは、

いまここからの視点で観ると、

決して、過去をそのまま再現することには、

なり難いものでもあると言うことなのです・・・・・!!

ライブ感の再現ってものが、結果を再現する術でもある。

まず、そもそも論として、

現実ってものは、

多様性に溢れているだろうし、

過去に、頑張って出した結果でさえも、

再現する為には、

同じことをしていては、いけないと言うことです。

今ここからの視点で見て、

過去に出した結果を、

再現するってこと自体が、

そもそもとして、

未来視点であるという見解ですね。

まぁ、だけど、

そのまま、過去を、再現しようとしても、

自分自身の、今ここの在り方によって、

その、過去自体にも、

変化が起こりうるのが、普通だと言うことです。

要するに、

方向性ってものを、

過去の結果を踏まえることで、

決定づけるだけでもあると言うことです。

今までの人生で、

実行した事がある事なら、

そりゃあ、

コミット=宣言する事っていうのは、

容易なものではありますね・・・・・・。

また、

「何故、過去の再現を求めるのか?」と問われれば、

勿論、

結果を再現したいって思いも、存在するでしょうが、

それだけでは、決して無くて、

過去の、何故だか解らないけど、

結果はどうこうよりも、

自分自身が、楽しかった、充実していた過去を、

再現することにこそ、

意味でもあり、意義があると言うことなのです・・・・・!!

そのような過去ってものは、

決して、過去に縛られるような、

執着では無くて、

すでに、過去に描いていた、

未来視点の片鱗だと言う見解でもあるのです!!

そのような、

自分のステージを高める為の、

自己投資や、自分磨きにあたるような事を、

コミット=宣言する事っていうのは、

実際に実行していく為には、

マンネリ感との戦いって言うよりも、

勇気が必要となるものでもあります。

もっと言えば、

そのような事柄の、

ゲシュタルトを創造する為には、

今までの経験を活かしつつも、

実行により得る事の出来る、

新たな繋がりを、柔軟に取り入れる姿勢が大事になるってことなのです。

いまここからの視点では、

自分自身の過去を振り返ることによって、

それを再現する為の、具体案ってものは、

勿論、

見えているかも知れませんし、

また、

単純に、その過去の再現は、

楽しかった事柄や、充実していた事柄の、具体案なのかも知れません。

だけど、

そのような、

過去からの視点が、何に繋がって行くか??

ってことが、

ある程度の予想は立つことでしょうが、

実際に、再現して見ないことには、

はっきりとした、見当がつかないってことでもあるのです。

だからこそ、

抽象度を高めて、概念で理解する必要性があるってことです。

実行する為の具体案ってものは、

そのまま、

それによって得る事が出来る現実と繋がっています

実行する時の、自分の『在り方』って言い換えてもいいですね。

だけど、

未来視点で言えば、

その、過去視点での、点の繋がりを、

繋ぎ合わせた、ゲシュタルト=全体像ってものは、

いまここからでは、

見えないでしょうし、

だからこそ、

行動を持って、感情によって、

統合していく必要性がありますし、

そのゲシュタルトが、出来上がった上での、

所謂、ゴールを達成した時点での、

自分自身の在り方ってものは、

現時点では解らなくて正解でしょうし、

それは、当然でもあることでしょう・・・・・!!

それを理解し、

体現出来た時が、

一つのゴールを達成し、

自分自身のステージが、一段高まった時でもあるってことなのです。

まぁ、あえて言うて見ると、

ゴールを達成した、自分自身の在り方ってものは、

解らないかも知れませんが、

ゴールを達成した後で、

また、次の段階に、チャレンジを始める、

自分自身の在り方ってものは、

いまここからでも、理解出来ることでしょう・・・・・。

何故ならば、

その在り方ってものは、

過去に、何かを始めて、

ワクワクする気持ちに、溢れていた在り方の、

延長線上に、

その在り方ってものは、存在していることでしょうから・・・・・(^^)

スポンサードリンク

プロには、流儀やマナーが必要となるし、それは、自分自身を護る。

プロフェッショナル気分で、

過去の再現をすることは、

とても、重要なことではありますが、

変に、大言壮語になってしまうと、

何かと、

色んな方向性から見ると、語弊も多く出てくるってことなのです・・・・・。

要するに、

アンチ的な視点に、より多く、晒されることにもなり兼ねないことでしょうから、

プロフェッショナル気分になるにも、

キチンと、

枠を定義すると言ったような、

流儀やマナーってものも、必要となることでしょう・・・・・・!!

安易に、大上段に構える事、

いや、

安易に、

大きな範囲に、手を広げていくことって言うのは、

自分の直観を鈍らせる事にも繋がりますし、

何よりも、

その、フォローの方に、フォーカスを奪われガチになると言うことです。

要するに、

目先の、

一つ一つの、実行の成否ってものが、

地に足をつけて行く為には、大事にはなりますが、

その実行の成否ってものは、

在り方でもあり、楽しさでもあり、充実感を再現することにより、

その先の発展を、描いていくことが、

何よりも大事な、成否となると言うことです・・・・・!!

その行動は、

結果的に、

その先の企画へと、繋がって行くことでしょうが、

それをプロフェッショナルとして、

マネタイズ可能な構造にすることもまた、

大事な要素ではあることでしょう・・・・・!!

また、

結果的に、

過去の再現を、実行して行く方が、

表現しやすいものでもありますし、

また、自然と、

その過程において、

いまここと、過去の融合した視点となり、

未来視点が、出来上がっていくとも、言えるのです。

言葉自体は、行動よりも、抽象度が低く、

現実化の可能性も、

それだけでは低いものではあります。

だからこそ、

過去の視点の、抽象度を高めた表現で、

未来を語る必要性があるってことですし、

また、

枠を定義した、プロフェッショナルな視点から、

抽象度を高めて行くこともまた、

未来を語る上では、必要となることでしょう・・・・・!!

この抽象度を高めた視点は、

その関連した物事を、繋がりやすくする性質があります。

自分が目指す未来を、

抽象度を高めて表現し、

そこから繋がった物事を、

実行し、

さらに繋がりを感じ取り実行する・・・・

これこそが、

主体的に、

自分の人生を前向きに進んでいく、

手段とはなることでしょう・・・・・・。

が、

プロフェッショナルの流儀でもあり、

マナーともなる枠が、

曖昧なままだと、

その未来視点ってものも、

叶うかどうかは、曖昧だと言うことです。

何故ならば、何一つ、確信ってものが、存在しませんでしょうから

だからこそ、

少なくとも、

過去の再現によって、

自分自身の在り方と言う風な、

一種の、確信の元を、貫く必要性も、あるってことですね。

未来の成功の在り方は、

理解不能だったとしても、

どの先に、成功が存在するか?と言う風な、

未来の方向性ってものは、

現時点からでも、解り得ると言うことなのです・・・・!!

まぁ、だけど、

どの時点で、成功と言えるのかは、

人それぞれの定義次第でもあることでしょうから、

その成功さえも、

小さく、プロセスの間で、実行して、

取り入れていく必要もあるってことですね・・・・・・。

その集大成を、

積み重ねて行けば、

人生のゴールは、理解不能だったとしても、

「自分が好きなこと。」で、

お金を得たり、人からの承認を集めること自体は、

可能になるってことですね・・・・!!

まとめとして。

いかがでしたか??

抽象度を高めた文章ってものは、

その関連した物事の繋がりを、

意識的に、引き寄せることでしょう・・・・・・。

が、

その繋がりってものは、

プロフェッショナルの流儀や、マナーが無いと、

絵に描いた餅になり兼ねないでしょうし、

また、

「自分の好きなこと。」を無視して、

自分自身を煽る情報と化す可能性も孕んでいるのです・・・・・。

その為にも、

いきなり、大言壮語にならずに、

現時点での、自分が出来うることに、真摯に向き合い、

その過去の再現を持って、

言葉の抽象度を高めることが、肝要となると言うことです。

それはある意味、

世間で言う成功ってものを、

プロセスとして捉えることではありますが、

その代わりに、

自分自身の行動を持って、

ゲシュタルト=全体性を、描いて行く必要があるってことです。

まぁ、ある意味、

自分自身の、人生のゴールを、

明確にして行くとは言えますが、

それは、決して、

具体的な形には、定義出来ないものでもあることでしょう・・・・・。

まぁ、いつかは死んで、

肉体が朽ち果てることは、保証されているでしょうが・・・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする